FC2ブログ

05/26 田んぼの準備(その2)

たまっている日記を書く-その2
5月26日(土曜日) 田んぼの準備(その2)

先週に引き続き、田んぼの準備です。
今日は水を溜めるための土手づくりです。その前にぬかを蒔いて土に栄養を!ありゃりゃ、自分たちにも蒔いちゃいました。笑い声が畑に広がります。
IMG_3908_convert_20180716151216.jpg IMG_3909_convert_20180716151434.jpg
防水用の土手には波板を使います。ざくざくと土を掘って、波板を立てたら、固定棒を使って固定します。
IMG_3910_convert_20180716151541.jpg IMG_3917_convert_20180716151634.jpg
IMG_3918_convert_20180716151702.jpg

玉ねぎの収穫はワタシにお任せ。
IMG_3905_convert_20180716150740.jpg IMG_3904_convert_20180716150718.jpg IMG_3906_convert_20180716150834.jpg

田んぼの準備、ひとまず完了です。
IMG_3921_convert_20180716151823.jpg IMG_3922_convert_20180716151843.jpg

ToDay's Best Shot !!
IMG_3919_convert_20180716151725.jpg
足洗い兼水遊び用のタライをキレイに洗ってくれました。

今日もお疲れ様でした。次回はいよいよ田植えです。では、また農園で。

スポンサーサイト

5/20 田んぼの準備&玉ねぎ・そら豆収穫

たまっている日記を書く-その1
5月20日 (日曜日)
田んぼの準備&玉ねぎ・そら豆収穫

今日は田んぼの準備です。
昨年より少し大きくする予定で、土を平らにしていきます。
雨が降った後ということもあって、水、たまっています。
重くなった土を動かすのは一苦労です。うんとこせ、よっこいせ、頑張りました。
IMG_3875_convert_20180716132521.jpg IMG_3882_convert_20180716132929.jpg
IMG_3873_convert_20180716132840.jpg IMG_3881_convert_20180716132903.jpg
IMG_3885_convert_20180716133011.jpg

できたぞー! 
IMG_3895_convert_20180716133152.jpg

玉ねぎもまるまる太って来ました。抜いたら根っこを切っておくんだそうです。
そら豆も息を吹き返し収穫を待っています。
IMG_3878_convert_20180716132644.jpg
IMG_3876_convert_20180716132555.jpg IMG_3877_convert_20180716132618.jpg

道具入れも草ボウボウに・・・。困っていたら小さいお兄ちゃんが助けてくれました!
InkedIMG_3866_convert_20180715141917_LI.jpg InkedIMG_3868_convert_20180715142009_LI.jpg IMG_3871_convert_20180716132138.jpg IMG_3870_convert_20180716132101.jpg

畑の生き物-カエルにオケラ。ちょうちょも飛んでいるね。用水路のカメさんもつれて来られちゃいました。
IMG_3887_convert_20180716133032.jpg IMG_3893_convert_20180716133109.jpg

本日の収穫-
IMG_3894_convert_20180716133136.jpg

お疲れ様でした!

02/14 籾摺り

02月14日(水曜日) 籾摺り

新しい畑に移ってのはじめてのお米。ようやく籾摺りに漕ぎ付きました。
一時はスリコギか!?という状況でしたが、桜井市農業協同組合さんが小型の籾摺り機をお持ちだということで貸して下さることに!

そして、やって来たのは、桜井市にある、カントリーエレベーター。「カントリーエレベーター」なんて、なんと可愛らしいネーミング!なんて思っていたら、「共同乾燥調製貯蔵施設」と言って、お米を乾燥、調製、貯蔵する施設とのこと。呼び名の由来は、主に田舎(カントリーサイド)にあって、動力を使い貨物を上下に運搬する装置(エレベーター)を有する施設だからだそうです。1964年に農水省が、モデルプラント設置運営事業を発足させた際にそう呼んだのが始まりだとか。(JAさんのHomePageより)
IMG_3581_convert_20180215185437.jpg

使わせて頂いたのは、大竹製作所のFC2K。検査用の小型タイプ。
籾摺りの脱皮方式は、インペラ式で、高速で回転する羽根車によって飛ばされた籾を壁面に衝突させて籾殻を除去する方式。ゴムロール式のように籾の水分量を気にしなくてもうまく籾摺りができるそうです。ちなみにゴムロール式だと籾の水分量を15%以下にする必要があるとか。
籾と玄米の選別方法は、ロータリー式(かな?)。空気を回転させてサイクロンを生成し、遠心力を利用して分別します。
IMG_3569_convert_20180215185237.jpg IMG_3571_convert_20180215185310.jpg IMG_3572_convert_20180215185329.jpg
ときどき、詰まっちゃうお米と格闘しながら籾摺りがはじまりました。
IMG_3575_convert_20180215185405.jpg

お忙しい中、ご丁寧に使い方を教えて下さいました、JAの職員さんに感謝!です。
今年は、田植え、脱穀、唐箕、籾摺りと、三宅町ネットワーク、JAネットワークに助けて頂いたお米作りとなりました。
皆様、本当にありがとうございました!

サークルのみなさま、ようやく、お米、食べられそうです!お楽しみに!

ちょっとフライング-お知らせ-です。
農園X梨マル コラボ企画-3年目-
「梨の枝プロジェクト」 今年も(場所は変わるけど)続けます!
籾摺りのあと、少し足を延ばして大淀町へ。今年も、マチコさんの梨園から、梨の枝を頂きました!感謝!
そして、ここに来たら寄らないなんて勿体ない!梨マルベース基地RIKAENへ。
Cafe阿太夢のオープンに向けて、徹夜連発!?の改装工事の真っただ中でした!
許可が頂けたので、改装の様子をちょこっとご紹介します。
IMG_3583_convert_20180215185508.jpg IMG_3588_convert_20180215185533.jpg
梨の街路樹計画も、粛々と進行中。苗を育てていらっしゃいました。販売も計画中とのことでした。
IMG_3591_convert_20180215185558.jpg

頂いた「梨の枝」も、農園のハウスの中で出番待ち?
IMG_3592_convert_20180215185621.jpg


では、また農園で!

12/17 お米の脱穀・唐箕

12月17日(日曜日) お米の脱穀・唐箕&そら豆定植

遅ればせながら、ようやく脱穀となりました。

今年は、割りばし脱穀で、8人がかり2時間フル作業の予定・・・。厳しい!けど、やるしかない!と覚悟を決めて・・・。

ところが!なんと!救世主現る!脱穀機をお持ちの方を紹介して頂けることになったのです。救世主・SAGAさんは、今年、自然農法デビューされ、4反ほどの田んぼを手植えし無農薬で刈り取りまでされたそうです。稲は1本だけ植えて、水を極力切らして、分けつを促す手法で育てられたとのこと。スゴイ!
そして、脱穀機のみならず唐箕機もお持ちだということで、お借りすることに。しかも一緒に作業までして頂けることになりました。


今日お世話になる脱穀機くんはコチラ↓よろしく頼みます!
IMG_3270_convert_20171230201533.jpg
先ずは天日干ししていたお米を運びます。
IMG_3262_convert_20171230201330.jpg IMG_3267_convert_20171230201402.jpg

いよいよ脱穀開始!やり方を教えてもらいながら。ちょっとコワイ?腰が引けている場面も。大人も子どもも1列に並んで脱穀を楽しんでしまいました。その昔むかし、日本で農業がすごく広まったのは、農機具ができたからなんだよね、と、小4の息子が教えてくれました。
IMG_3274_convert_20171230201913.jpg
IMG_3282_convert_20171230202108.jpg
IMG_3290_convert_20171230202227.jpg IMG_3292_convert_20171230202306.jpg
IMG_3305_convert_20171230202809.jpg
IMG_3307_convert_20171230202838.jpg

お次は唐箕!なんと、唐箕機くんは本日デビューとのこと。うまく選別できるように、SAGAさんがいくつかあるレバーを操作しながら調整して下さいました。
IMG_3295_convert_20171230202350.jpg IMG_3301_convert_20171230202559.jpg
IMG_3297_convert_20171230202430.jpg IMG_3302_convert_20171230202644.jpg
「なんか、今年のお米、ペチャンコじゃない?」「丸くないね(苦笑)」「籾摺りして残るかな・・・」
IMG_3298_convert_20171230202509.jpg

さて、どこまで食べられるお米になっているのでしょうか。次の工程-籾摺りはまた別の日といことで、乞うご期待!?

午前の作業はここでおしまい。公民館でお昼にします。
今日のメニューは、各自持参したおにぎりに、農園で採れた冬瓜、じさまのサツマイモ・人参、市販のお野菜を使ったトン汁、キョウコさんの絶品レンコン・サツマイモの素揚げきんぴら、デザートには、キョウコさん差し入れの洋ナシ・りんご、KANAちゃんの特製チョコレートケーキを頂きました。
ごちそうさま!
IMG_3303_convert_20171230202719.jpg

ごはんの後、ポットで育成していたそら豆を畑へ。
IMG_3309_convert_20171230202941.jpg


割りばし脱穀&ふるいによる唐箕作業のはずが、脱穀機、唐箕機-しかも電動式での作業となりました!( 大助かり!)子どもたちは、飽きることなく、次から次へと自分の体にあった稲束を選びながら作業をしていました。SAGAさんに、「どうかな?」と脱穀状態をチェックしてもらい、「OK!」と言ってもらう。そのときの顔ったら本当に嬉しそうで。見ているこちらも思わず目が細くなりました。

では、また農園で!

10/28 稲刈り

10月28日 (土曜日) 稲刈り

いよいよ稲刈り!
・・・しかし、台風22号が近づいています。これ以上稲刈りの時期がズラせないということもあり、本降りにならないうちにチャチャっということで、雨天決行となりました。
稲刈り開始の少し前までは曇り空でしたが、ボタボタと雨が落ちて来ました。ありゃぁ、子どもらは公民館で待機かなぁと、少し様子をみていたら、雨が止みました。この瞬間を見て、田んぼへGO!

IMG_3127_convert_20171107204820.jpg IMG_3122_convert_20171107204652.jpg
このところの雨続きで、水抜き・乾燥に入っていた田んぼも水田に戻っている!?
IMG_3123_convert_20171107204735.jpg
泥んこ必至の稲刈りです。
IMG_3125_convert_20171107204758.jpg IMG_3137a.jpg
IMG_3129_convert_20171107204858.jpg IMG_3131_convert_20171107204919.jpg
刈った稲は束ねて、はざまで運びます。
IMG_3145_convert_20171107205205.jpg
「よぃしょっ、よいっしょ」「わっしょ、わっしょ」
IMG_3138_convert_20171107205003.jpg IMG_3139_convert_20171107205025.jpg
IMG_3140_convert_20171107205056.jpg IMG_3142_convert_20171107205147.jpg
稲ははざに掛けて乾燥させます。この先は、お天道様、よろしくお願いします!
IMG_3141_convert_20171107205130.jpg IMG_3147_convert_20171107205232.jpg

稲刈りの後は、公民館でお昼です。
メニューは、持参したオニギリと、農園で採れた冬瓜、坊ちゃん南瓜を使ったトン汁。そして、なっちゃんのほっこり玉子焼きに、KANAちゃん手作りの絶品米粉のケーキ!じさまからの差し入れ-柿。
「いっただきまーす!」
IMG_3150_convert_20171107205248.jpg
ごちそうさまの後は、これからやりたいこと、など、話し合いました。これから先も楽しみがたくさんできました。
IMG_3152_convert_20171107205303.jpg

今年は、雨に始まった田植え、雨に終わった稲刈りとなりました。
大雨予報の中、幸いにして、田植え・稲刈りの時間帯は雨も小休止でなんとか無事に終わりました。
屯倉農園での米作りもいよいよ終盤、乾燥、脱穀、精米を残すだけとなりました。
IMG_3154_convert_20171107205321.jpg

では、また農園で!

07/23 草取り&南瓜・冬瓜の収穫

07月23日(日曜日) 草取り&南瓜・冬瓜の収穫

前回同様、今日の作業も草との戦い-草取りです。
一週間前に草取りしたのに・・・すでにこの勢い!・・・恐るべし草たち・・・
IMG_2913_convert_20170813115353.jpg

そして、田んぼに近づいてみると・・・地面のひび割れが見えました。あれま ! お水がないぞ !?
草取りはやり易いけれども、稲は大丈夫なの !?
IMG_2929_convert_20170813120014.jpg

稲は大丈夫です !(たぶん・・・!)
田んぼは中干という時期に入りました。田んぼの水を抜いて、ヒビが入るまで乾わかすそうです。
中干しをすると、
(1)土中に酸素を補給して根腐れを防ぎ、根の活力を高め、強い根にする。
(2)土中の有害ガス (硫化水素、メタンガスなど) を抜く。
(3)肥料分であるチッソの吸収を抑え、過剰分けつ(分けつ=稲が株わかれをして本数が増えること)を抑制。
(4)土を干して固くし、刈り取りなどの作業性を高める。
といった、効果・効能があるようです。
中干のタイミングは、お隣の田んぼさんに合わせました・・・というか、マネさせて頂きました。


それでは草取り開始!田んぼは子どもらに任せて、大人は畑のジャングルを何とかせねば。
ジャングルを何とかした後は、少し遅いけど黒豆を蒔きましょう。
IMG_2914_convert_20170813115438.jpg IMG_2915_convert_20170813115501.jpg

あとは、久しぶりに農園をぐるっと奥からまわってみますか。
里芋は葉を広げています。胡麻も花をつけ始めました。
IMG_2928_convert_20170813115948.jpg IMG_2927_convert_20170813115925.jpg

坊ちゃん南瓜は、赤ちゃんから収穫できるものでバリエーションにとんでいます。一家族ひとつづつ配れると良いのだけれど・・・。虫さんたちに授粉を頑張ってもらえるよう声を掛けます。
IMG_2931_convert_20170813115755.jpg IMG_2932_convert_20170813115816.jpg IMG_2933_convert_20170813115837.jpg

お次は冬瓜。皮の表面に霜のような白い粉(ブルーム)がふいています。熟した証拠らしく、美味しさの目印だとか。豊作です!
IMG_2921_convert_20170813115900.jpg

三度豆は種が採れそうかな・実はできました。落花生も無事に梅雨をこしました。
IMG_2934_convert_20170813120613.jpg IMG_2935_convert_20170813120633.jpg

生姜は3株のうち1株だけ生き残りました。ナスは少しながら実ができはじめました。
IMG_2936_convert_20170813210402.jpg IMG_2937_convert_20170813120704.jpg
・・・てくてくテク・・・ っとこんな感じです。

今日のサプライズ!SUZUKIパパの登場! 預かって下さっていた作業台を持って設置に来て下さいました。
設置のみならず、農園の農機具が入るようにと、ちゃちゃっと改造。匠の技がヒカリます。
IMG_2916_convert_20170813115528.jpg IMG_2938_convert_20170813120735.jpg

さいごに今日の収穫はこちら。キュウリ・ピーマンは、じさまの畑から。プチトマトはのハウスからのおすそ分けです。みんなピッカピカで美味しそうなこと!
IMG_2939_convert_20170813120754.jpg

では、また農園で!

Today's Best Shot !!
IMG_2918_convert_20170813115551.jpg




06/26 田植え

06月26日(日曜日) 田植え

いよいよ田植え!
天気予報は雨・・・。でも何だか持ちそうよ、少し遅れてくるお友だちもいるので少し待とうか・・・。
待っている間にタニシバスターズが結成され、タニシの駆除がはじまりました。
田んぼ側面に張ったマルチに沿って網で赤ちゃんタニシをすくい上げて取り除きます。このとき素手で触らないように注意します。
結構獲れるのでびっくり。引水に混じってやってくるのかなぁ。
IMG_2886_convert_20170708213323.jpg

そうこうしていると、空からポツリ、ポツリ。これはマズイぞ。そろそろはじめよう。予定より1時間ほど遅れて田植え開始です。
適当な感覚で稲を投げ入れ、30cm間隔で4列作ります。
IMG_2889_convert_20170708213451.jpg
稲苗は2~3株を手に取り、ねじをまわすように田んぼの床面にグリッと入れ込みます。
IMG_2887_convert_20170708213420.jpg IMG_2891_convert_20170708213810.jpg
IMG_2893_convert_20170708213841.jpg IMG_2894_convert_20170708213858.jpg IMG_2895_convert_20170708213942.jpg
IMG_2896_convert_20170708215851.jpg
今年の苗は2種類。ひとつは、斑鳩農園からの引継ぎ種。作付け隊長が大切に育てた稲苗です。もうひとつは、中村農園さんから分けて頂いた稲苗(ヒノヒカリ)。中村農園さんは、ご近所にある、絶品トマト(銘柄:贅沢トマト)を作っている農家さんです。お蔭様で屯倉農園でも田植えをすることができました。感謝・感謝です!

IMG_2897_convert_20170708215931.jpg IMG_2898_convert_20170708215955.jpg

田んぼ仕事の後は、集会所でお昼を頂きます。メニューは具沢山の素麺と半夏生餅。半夏生餅は農園の田植えには欠かせなくなってきました。子どもたちも一緒になって丸めます。

それではいただきましょう!みんなで食べるといっそう美味しいね。
IMG_2900_convert_20170708220221.jpg IMG_2902_convert_20170708220249.jpg

では、また農園で!

~おまけ~
田植えあと。(ガイドに沿って植えたはずなのに、直線に並ばず、なみなみに並んでいるのもご愛嬌!)
IMG_2905_convert_20170708220324.jpg

06/03 田んぼの準備(2)

溜めていた日記をつける・・・。
06月03日(土曜日) 田んぼの準備-その2

先週に引き続き、田んぼの準備です。
今日は、"(4)田んぼの漏水を防止する"ってのをやります。

電車に乗って手伝いに来てくれた小学5年生!中1のお姉さんが作ってくれたオニギリ持参で頑張りました。
先ずは畔にある枯草を取り除きます。
IMG_2869_convert_20170626231612.jpg
次に、水漏れ防止用にマルチを張ります。畔側のマルチ端はマルチ留めを使って固定。田んぼ床側は、土をかぶせます。この土をかぶせるのが結構な重労働。ヨロヨロしながら盛りました。あー、きっと明日も筋肉痛・・・だ。
IMG_2870_convert_20170626231632.jpg
数時間後、ようやく完成!
IMG_2871_convert_20170626231651.jpg

田んぼの準備も、なんとなーく整ったということで、畑のぐるり。

坊ちゃん南瓜、冬瓜、少し大きくなり花も見えます。
IMG_2873_convert_20170626231801.jpg IMG_2874_convert_20170626231818.jpg

むかご、三度豆も少し大きくなりました。
IMG_2875_convert_20170626231835.jpg IMG_2876_convert_20170626232021.jpg

隼人瓜は3つ中2つが成長中。ジャガイモも頑張っているようです。
IMG_2877_convert_20170626232050.jpg IMG_2879_convert_20170626232214.jpg

生姜も3つ中2つが成長中。ナスは最初の実ができました。この実は取っちゃいます。危うく育ててしまうとことでした。竹内さんの本が「最初の実が親指大になったら取るんだよ。」と教えてくれました。
IMG_2878_convert_20170626232141.jpg IMG_2872_convert_20170626231738.jpg

オマケ-里芋の葉に水滴が。何だかキレイだったので、思わずカシャリ。
IMG_2881_convert_20170626232253.jpg

では、また農園で。

05/27 田んぼの準備

溜めていた日記をつける・・・。
05月27日(土曜日) 田んぼの準備


ようやく「田んぼの準備」です。
当初は左手奥に田んぼゾーンを作る予定でしたが、自然に?水溜めゾーンになっていたところをそのまま田んぼにすることになりました。長っ細い田んぼです。

水稲の作付け準備は、(1)土を砕いて軟らかくする。(2)肥料・堆肥などを土と混ぜ混ぜして均一な土壌条件を作る。(3)田んぼの床を均平にする。(4)田んぼの漏水を防止する。といった手順を踏みます。(本とnetを両手で見ながら、いきなり実践。屯倉農園、チャンレジャーですな・

ということで、今日は(3)の作業です。田面を均等に平らにならします。
(1)、(2)は屯倉のプーさんが、時間を見付けて耕耘して下さいました。(1)は土?小石じゃなくて?という感じに。(2)はほんの気持程度!?。といった仕上がりでした。

よし!鍬を持って作業開始!
IMG_2850_convert_20170622060835.jpg

IMG_2851_convert_20170622060900.jpg IMG_2852_convert_20170622060923.jpg

なんとなく平らになったところで休憩タイム。タープテントの背を低くしてイイ感じの日陰を確保。
IMG_2853_convert_20170622061102.jpg

休憩のあと、坊ちゃん南瓜、冬瓜エリアにマルチを張ることにしました。広い面積が必要な南瓜、冬瓜ということで、畝を倍の幅にした後でマルチを張ります。計画的には畝立て→マルチ→定植。でも実際は、定植→畝立て→マルチ、となってしまいました。
IMG_2855_convert_20170622061129.jpg

日差しが暑くなる中、田んぼの準備、南瓜ゾーンの手入れ、となかなかの重労働でした。
お疲れ様!

オマケ 今日のおやつ
IMG_2856_convert_20170622061154.jpg
左上:keiさんの旅土産(和三盆を使った上質な焼き菓子)、右上:ばさまの自家製レモンを使ったはちみつレモン水(前回こどもたちの好評につき今回も準備!)、下:KANAちゃんのレモンケーキ(ばさまの自家製レモンで作ってくれました・めちゃめちゃウマシ!お店屋さんの?って思うくらいの超ハイパーグレード!)

では、また農園で!

11/05 黒米の唐箕

11月05日(土曜日) 黒米の唐箕

今日は、黒米の唐箕です。
脱穀した籾には、稲の葉や藁くずが混ざっています。
唐箕の前に、ふるいにかけて大きな葉くずを取り除いておきます。
IMG_2365_convert_20161107210711.jpg
じみな作業を黙々と続けます。
IMG_2367_convert_20161107210746.jpg IMG_2371_convert_20161107210821.jpg

お次は、お馴染みとなった唐箕機の登場。
唐箕機の原理は、風の力を利用する風選 (ふうせん) です。
風が吹くときに、籾と藁くずが混ざったものを高いところから少しずつ落とします。重い籾は下に落ちますが、軽い藁くずやゴミは遠くに飛ばされます。唐箕機を使って籾や藁くずなど、それぞれの重さごとに選別します。
唐箕機は、明治時代に中国から伝えられたそうです。一般の農家に広く普及したのは大正時代と言われています。
一定の速度で風を送らないと、選別にムラが出ます。このため、1回だけではなく、均質な選別ができるように3~4回唐箕機をくぐらせます。
IMG_2373_convert_20161107210945.jpg IMG_2378_convert_20161107211132.jpg

①ふるいにかける前、②ふるいにかけた後、③唐箕の後、・・・違いがわかるかな?
IMG_2368_convert_20161107211227.jpg IMG_2381_convert_20161107211244.jpg IMG_2382_convert_20161107211300.jpg

今日のお昼-農園育ちのサツマイモ汁、かんたんおはぎ-「いっただきまーす!」
IMG_2383_convert_20161107211319.jpg   

Today's Best Shot !!
IMG_2372_convert_20161107211159.jpg

お・ま・け
梨マルさんの、「こけら落としまで待てない会」に遊びに行ってきました。
夏休みの終わりにお伺いしたとき、熱烈製作中だったステージが、がっつり出来上がっていました!
IMG_2387_convert_20161107211341.jpg IMG_2385_convert_20161107211427.jpg








10/22 黒米の脱穀&イモ堀り!落花生ほり!

10月22日(土曜日) 黒米の脱穀&イモ堀り!落花生ほり!

収穫の秋を迎えた農園です。

まわりの水田よりも一足はやく稲刈りをした農園。今日はその脱穀です。
脱穀のためにブルーシートを引き、お米が飛び散らないにように壁を作ります。
ブルーシートの外では、煙をたいています。煙はスズメバチ対策となるそうです。今日はスズメバチが多くちょっとキケン。こちらに来ませんように!と、ドキドキしながら脱穀の開始です。
IMG_2356_convert_20161102215122.jpg IMG_2330_convert_20161102215156.jpg

がしゃこん、がしゃこん。足踏み脱穀機は今年も大活躍です。
脱穀チーム、米集めチーム、ゴミ除去チームとうまくバトンをつないでの作業です。
IMG_2334_convert_20161102215308.jpg

上の畑では、サツマイモ堀りもはじまりました。
去年は不作のサツマイモ。今年はどうかな?
IMG_2335_convert_20161102215629.jpg
「うんとこしょ!どっこいしょ!」
IMG_2357_convert_20161102220222.jpg

IMG_2337_convert_20161102215722.jpg

大豊作 !!  ・・・ 段ボール3箱にあふれんばかりのサツマイモが盛られました!
IMG_2359_convert_20161102220302.jpg

落花生も掘ります!掘りまくります!
IMG_2332_convert_20161102215517.jpg IMG_2336_convert_20161102215651.jpg

IMG_2333_convert_20161102215544.jpg
IMG_2343_convert_20161102215906.jpg IMG_2341_convert_20161102215827.jpg
土の中に埋まっている落花生も丁寧に掘り起こします。
IMG_2358_convert_20161102220243.jpg
IMG_2342_convert_20161102215846.jpg

お昼は持ってきたおにぎりと、簡単おはぎを頂きました。
簡単おはぎには、生活クラブのもち米に、あんこ、きな粉、素精糖を使いました。
IMG_2345_convert_20161102215934.jpg IMG_2346_convert_20161102220101.jpg

農園の実りの山分けです。
IMG_2349_convert_20161102220126.jpg

では、また農園でお会いいたしませう。

Today's Best Shot!!
IMG_2339_convert_20161102215746.jpg

10/08 稲刈り

10月08日(土曜日) 稲刈り

延び延びになっていた「稲刈り」、雨予報の間を縫って本日決行です。
予報では、午後より雨-でしたが、なかなか良いお天気で、汗ばむ陽気の中の作業となりました。

「実るほど 頭を垂れる稲穂かな」(詠み人知らず)
自分もかくありたいと思う今日この頃です。
IMG_2300_convert_20161009133339.jpg IMG_2298_convert_20161009133406.jpg

よし、はじめるぞ。
農園の稲刈り史上最少人数?での作業開始です!
IMG_2299_convert_20161009133531.jpg IMG_2303_convert_20161009133615.jpg

稲刈りレースも始まりました。おっちゃんは2列、さとくんは1列のハンデ戦です。
「位置について」「よーい」「スタート!」
IMG_2305_convert_20161009134432.jpg IMG_2306_convert_20161009134459.jpg
勝敗はいかに !? 

レース中ではありますが、他の作物たちも見て参りましょう。
先ずは落花生。
すくすく育った葉。
地面の中から、まるまる太った・・・まであと少しの落花生が出てきました。
IMG_2294_convert_20161009133029.jpg IMG_2293_convert_20161009133128.jpg
黒豆もふくらみはじめています。
IMG_2296_convert_20161009133310.jpg
むかごもできている。収穫量は...苦笑。
IMG_2317_convert_20161009134851.jpg IMG_2323_convert_20161009134934.jpg

山芋はいない...? 里芋は少し獲れました。
IMG_2302_convert_20161009133512.jpg

さつまいもは、葉が茂りまくっていました。
IMG_2295_convert_20161009133238.jpg
よし、掘ってみよう!豊作だーっ!
IMG_2309_convert_20161009134643.jpg IMG_2311_convert_20161009134753.jpg

では、そろそろ、稲刈りの方に戻ります。
稲を束ねます。先ず、腹筋を使って、稲の茎側をトントンとそろえます。ヒモを2重かけしたあと、ぐぐっと閉めて、片花結びで完成!
IMG_2313_convert_20161009134821.jpg
お次は、ささがけ。ぜーんぶ干して完了です。
IMG_2319_convert_20161009135002.jpg

お昼は、トン汁。・・・あれ、あれ、お玉、オタマがない!
ということで、急遽、竹を切って、作ってもらいました。すごい!
IMG_2308_convert_20161009134620.jpg
お味噌に生活クラブの国産十割こうじみそ、こんにゃくは生芋板こんにゃくを使いました。
薬味に、大和の伝統野菜「結崎ネブカ」を入れてみました。一時は幻となった、ネブカ。平成14年から川西町商工会が中心となり、町おこしの事業の一環として復活させ、平成16年より市場に出回るようになっとか。
そして、金山寺味噌のたまりを入れて、いただきまーす!

今日の収穫は、コチラ↓+里芋です。
IMG_2324_convert_20161009135109.jpg

そして、農園は、いまこんな感じに。秋が来ていますね。
IMG_2325_convert_20161009135144.jpg
おつかれさまでした!
では、また農園でお会いいたしましょう。

Today's Best Shot !!
IMG_2321_convert_20161009135044.jpg







06/11 田植え&小麦の脱穀・唐箕

06月11日(土曜日) 田植え&小麦の脱穀・唐箕

今年もこの季節がやってきました!
今日の農作業は「田植え」。農園で人気No.1の農作業です。
そして、重労働作業-No.3までにランキングする、小麦の脱穀&唐箕作業も続きます。

さぁ、今日も汗を流すぞ!

先ずは、稲の束をいくつかに分けて、水田に投げ入れておきます。
IMG_1959_convert_20160618130527.jpg
あとは、腰を据えて、ぐぐーっと苗を植え付けていきます。
IMG_1972_convert_20160618143226.jpg IMG_1978_convert_20160618143301.jpg
IMG_1982_convert_20160618143338.jpg
IMG_1988_convert_20160618143404.jpg IMG_1992_convert_20160618143430.jpg

お次は、小麦!今年はいつも以上に働きます。
足踏み脱穀、たたいて脱穀。がしゃんしゃんガシャンシャン、とんとんとととん、脱穀の音が広がります。
IMG_2001_convert_20160618143459.jpg IMG_2004_convert_20160618143609.jpg
IMG_2005_convert_20160618143631.jpg 
脱穀(→茎の除去)→唐箕、見事な流れ作業!?
IMG_2006_convert_20160618143720.jpg IMG_2013_convert_20160618143743.jpg IMG_2019_convert_20160618143808.jpg

今日のお昼は、
イトウさんの手作りパン、バジルじゃがいも、鶏ハムサラダ、半夏生餅(極やわ-すくい餅と命名)。
鶏ハムは、生活クラブの鳥ムネ肉とスパイスミックスを使いました。半夏生餅は、農園で作った潰し小麦、農園で作った黒もち米、そして、生活クラブのもち米をブレンド-水加減を失敗しすぎて、すくって食べるタイプの餅となりました。

そして、お昼の後も小麦の作業は続きます。
IMG_2020_convert_20160618143842.jpg IMG_2023_convert_20160618143910.jpg

きょうの畑-
IMG_1963_convert_20160618130747.jpg IMG_1964_convert_20160618130909.jpg IMG_1965_convert_20160618131840.jpg IMG_1966_convert_20160618131903.jpg
IMG_1968_convert_20160618131958.jpg IMG_1969_convert_20160618141817.jpg IMG_1970_convert_20160618142926.jpg IMG_1989_convert_20160618142959.jpg IMG_1994_convert_20160618143029.jpg


Today's Best Shot !!
IMG_2024_convert_20160618143928.jpg

では、また農園で。ごきげんよう。



05/07 田んぼの準備

05月07日(土曜日) 田んぼの準備

今日の作業は「田んぼの準備」です。
田んぼエリアの側面にマルチシートを敷き詰め、水田の水が抜けないように仕掛けを作ります。
先ずは、クワの幅分、20cm(粘土質の土に変わるあたり)くらいまで掘ります。
そして、堀った部分を覆うようにマルチを敷きます。
明日は筋肉痛かな!?
IMG_1882_convert_20160513175934.jpg IMG_1884_convert_20160513180035.jpg

去年、トリに食べられてしまった、「とうもろこし」のリベンジに、農園番長は挑みます。
IMG_1876_convert_20160513180127.jpg

畑の様子もぐるりとひとまわり。
...てくてく............

「麦」-今年も元気に実っています。
IMG_1880_convert_20160513180253.jpg IMG_1881_convert_20160513180321.jpg

「空豆」-空豆のベッドは毎年こどもたちに大人気です。後でみんなで剥こうね
IMG_1877_convert_20160513180209.jpg

「えんどう豆」「スナップえんどう」-えんどう豆は少しぷっくりしてきました。スナップは食べごろです。
IMG_1879_convert_20160513180230.jpg

「大和芋」-芽が出てきたぞ! 「じゃがいも」-葉が茂ってきている!
IMG_1887_convert_20160513180354.jpg IMG_1888_convert_20160513180411.jpg

おまけ-「ド根性じゃがいも」-去年、雑草に駆逐されたと思いきや、芽を出し葉が茂らせている根性のあるジャガイモが!
IMG_1889_convert_20160513180428.jpg

「こども探検隊結成!」
ひからびた、カエルを見つけました。
IMG_1874_convert_20160513180600.jpg

農園をひとまわりしたあとは、お昼にしましょう!
採りたての空豆とスナップえんどうを頂きます。こどもたちも、皮むき、スジとりを頑張りました。
持参した、オニギリ、パンと、採りたての豆、なんちゃってミネストローネを、「いっただきまーす!」
IMG_1885_convert_20160513180454.jpg IMG_1890_convert_20160513180525.jpg

お豆の収穫はしばらく続きそうです。


Today's Best Shot!!
IMG_1892_convert_20160513180619.jpg






11/14 黒米の唐箕

-サボっていたブログをアップする(その2)
11月14日(土曜日) 黒米の唐箕

さて、今日は黒米の唐箕!こどもたちには人気の農園シゴトです。
IMG_1484_convert_20160416180332.jpg

「うまくできるかなー」
IMG_1472_convert_20160416175829.jpg

「もみ殻だらけだー」
IMG_1478_convert_20160416223300.jpg

台車で遊ぶこどもたち。顔を合わせて日が浅いにも関わらず群れて遊んでいます。
IMG_1488_convert_20160416223336.jpg

お昼には、トン汁と、黒米入り餅の善哉を頂きました。
美味しかった   

10/18 稲刈り

10月18日(日曜日) 稲刈り

いよいよ稲刈りを迎えました!お天気にも恵まれ、稲たちも刈入れのトキを待っています。

...ですが、稲たちには少し待ってもらって、先ずは畑の様子をぐるりとひとまわり。
左手奥に高菜、手前に大根、中央は枝豆、右手(見えないけど...)小豆と並んでいます。

IMG_1397_convert_20151115060945.jpg

高菜に大根。元気よく育っていますね。
IMG_1399_convert_20151115061200.jpg IMG_1398_convert_20151115061137.jpg
枝豆に小豆。枝豆はもう固いかな。
IMG_1392_convert_20151115060822.jpg IMG_1389_convert_20151115060756.jpg
小豆はサヤが茶色になっていない緑が残る状態のものもありますが、全て摘み取っておくことにしました。
IMG_1390_convert_20151115061235.jpg

さぁて、稲刈りしましょうか!
IMG_1395_convert_20151115060848.jpg IMG_1396_convert_20151115060909.jpg

IMG_1412_convert_20151115061548.jpg

見事な連携プレー!?
「何する?」、「ぼく、稲刈りな」、「じゃぁ、ぼく、運ぶよ」、「束ねるの誰かやってよ」、なんて話をしたのかな。
IMG_1407_convert_20151115061345.jpg IMG_1408_convert_20151115061408.jpg IMG_1409_convert_20151115061434.jpg

...そして、刈ること、笠懸すること、2時間あまり、ようやく稲刈り終了です。
IMG_1413_convert_20151115061626.jpg  IMG_1416_convert_20151115061703.jpg

稲刈り終了!お昼にしよう!今日は持ってきた🍙おにぎりと、トン汁を頂きます。トン汁は、持ち寄ったお味噌を入れて仕上げました。「いっただきまーす!」
IMG_1418_convert_20151115061730.jpg

今年は、子供たちが予想以上の働き手に成長していたのにビックリでした。おかげで、作業時間が大幅短縮されました。
「久しぶりに良い汗がかけて気持ちよかった!」という、お父さんのヒトコトが印象的でした。でも、明日は筋肉痛かなぁ...(笑)
そして、産休中だったメンバーの8ケ月ぶりの参加!赤ちゃんのまわりには大人のみならず、こどもも入れ替わり立ち代りやってきて、いぢる、いぢる。あーっ、かわいいーっ!!みな嬉しく、話の花を咲かせました。

また、OPEN農園ということで、2家族の参加があり、楽しい1日となりました。

Today’s Best Shot !!
IMG_1404_convert_20151115061303.jpg






08/01 うり収穫&田んぼの草抜き

8月1日(土曜日)うり収穫&田んぼの草取り

夏本番!とにかく暑い!
時々農園をさーっと抜ける風に助けられながらの作業です。

今日は、草引き、うり収穫、田んぼの草抜きです。

うりが顔を出しています。
IMG_1145_convert_20150802150953.jpg

向かって左が瓜。右が大豆・黒豆です。
瓜は豊作!豆も大分大きくなってきたかな。実はまだまだです。
IMG_1140_convert_20150802151249.jpg

さて、作物の様子をざっと見ていきましょう。

先ずは南瓜! ...うーん。見えません。ウリミバエにもやられ、雑草にも負けたかも。

次はジャガイモ。 ...うっ、負けている。雑草に...。お隣の豆は育っています。強い!
IMG_1153_convert_20150802153650.jpg IMG_1154_convert_20150802154035.jpg

トウモロコシは植え替えて元気!これからが楽しみです。
IMG_1156_convert_20150802154122.jpg IMG_1158_convert_20150802154149.jpg

バジルは豊作です。みずみずしい葉のツヤ、そして、フレッシュな香りで和ませてもらいました。
IMG_1147_convert_20150802151132.jpg

えんどう豆もなんとか頑張っています。
IMG_1146_convert_20150802151036.jpg

さつまいもは全滅になりかけたところを、茎を接ぎ接ぎなんとか延命中。助けてくれた、おっちゃんに感謝!
IMG_1159_convert_20150802163727.jpg

最後は、田んぼ。すくすく育っています。
ところで、タニシのたまごを見たことがありますか?
稲の茎にくっついているピンク色のものが見えますか?
なんと!これが、タニシのたまごです。
なかなかグロテスクです。触りたくない色だ...。タニシが生き残るための作戦なのかなぁー。
そして、タニシも育っています。
IMG_1152_convert_20150802153441.jpg IMG_1160_convert_20150802153537.jpg

田んぼに入って雑草を取ります。
IMG_1150_convert_20150802153913.jpg

IMG_1151_convert_20150802153946.jpg

暑いので、今日はここまで!1時間半の作業で汗だくになりました。
おつかれさまー!

Today's best shot !!
IMG_1163_convert_20150802154337.jpg









06/13 田植え!

6月13日(土曜日) いよいよ田植えです!

今日は、いよいよ田植えです。
お天気にも恵まれました。

田んぼに植える苗は、もち米、黒米です。もち米はしろっぽい稲、黒米は、黒っぽい稲と少し緑ががった稲の2種類です。違いがわかるかな?黒っぽい稲の方が背が高くなるそうで、他の品種よりも20cmくらいノッポさんになるようです。成長途中~稲刈りの際に観察して見ようね!
IMG_1075_convert_20150701055435.jpg

写真からわかるかな?黒米にはノギがあって、白米(もち米)にはノギがありません。
ノギとは、イネ科の植物の実を包んだ殻の先端に生える細長いヒゲのことです。麦にもあります。麦の方が分かり易いかな。麦の穂から何本も飛び出している堅そうなヒゲ、それがノギです。
稲の方は、ちょっと先がとがっているだけにしか見えないけどなぁ。「古代米」と呼ばれるような昔からの品種にはノギがあり、現在の稲にはノギがないそうです。どうやら進化の過程でノギを失ったそうです。
また、籾を向かないままだと数年間は種として保存できるそうです。但し、発芽率は落ちるとか。

農園での田植えは、黒米が主体となります。黒米は、白米と比較して、ビタミンB1、B2、ナイアシン、ビタミンE、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などが目立って多いそうです。黒米が育つ時、うるち米に比べ、粒から出るノギが極端に長いことや生命力が強く干ばつ、冷水にも育つそうで、「野草」に近い存在?なのかもしれません。
また、黒米は調理もしやすいです。「いつものごはんに混ぜて炊くだけ!」で食べれます。白米2合に大さじ1の黒米でそれはそれは見事な紫色になります。これをさらに寿司めしにすると桜色になり、見て良し、食べて良し、うれしいことだらけです。#しかし、家族は、「げーっ、黒米使いよった」...と残念な反応。白米が好きなようです。

ところで、稲とお米の区別を知ってますか?「稲」はイネ科の一年草です。「米」はそのイネ科の種子をいいます。
「米」という文字にも成り立ちがありました。お米はお百姓さんが八十八の手間ひまをかけてつくっているので「米」の文字を使ったといます。「米」の字を分解すると「八十八」になるんですね!

おっと、話が長くなってしまった。よし!田植えをはじめましょう!
写真右下に見えているのが今日植える苗です。おっちゃんが育てて下っておりました。thanks a lot !!
IMG_1076_convert_20150701055908.jpg

うわぁー。なんだか足の裏が変な感じだぞ!でも、楽しいーっ!?
image2 (1) image1 (2)

image1.jpg image1 (1)

うっひゃぁー。どろんこ。楽しかったね!#洗濯大変!?
お着替えして、お昼としよう!
image1 (3)


さて、お昼です。今年も半夏生餅を頂きました。昨年まで作って下さっていた中野おかぁさんが休会中で、今年は諦めムードでしたが、まきこおねぇさんが引き受けて下さいました。中野おかぁさん、吉村おねぇさんにも何度も連絡を取り、コツを教えて頂きました。今年も途切れることなく、本当に感謝です。こうやって受け継がれ、続けて行くということに意味を感じ噛みしめた瞬間でした。

IMG_1078_convert_20150701060256.jpg

半夏生餅と素麺です。「いただきまーす」
素麺は、つけ汁が濃く、加減しながら入れてもらうことに。水筒に入れていたので、つけ汁がどのくらい残っているかわかりにくく、つゆなしのマズイ素麺になってしまったヒトも。次回は美味しく食べてもらうために、ひと工夫しようと思います。

半夏生餅はとーっても美味しく頂けました。
IMG_1080_convert_20150701060330.jpg

image1 (4)
そして、この笑顔!何よりです。(photo by うめゆき)
この子たちは、今日はじめて農園で知り合いました。知り合ってすぐに打ち解ける-農園にはヒトをツナグ、そんな妖精がいるのかもしれません。

今日はお疲れ様でした。また、来月!

脱穀

11/1 今日は、あいにくの曇り(小雨)。 
センターで、米の脱穀と、小豆の皮むきを行いました。

米の脱穀。
こんな風に、足でこぎながら、脱穀してゆきます。
dakkoku.jpg

こっちは、何かな?
azuki2.jpg

小豆の皮むきでした。
azuki.jpg

脱穀に戻って、
束ねた稲は、最初、こんなのです。
IMG_0976_convert_20141110165619.jpg

それが、脱穀すると、
IMG_0989_convert_20141110165833.jpg
こんな風になります。

そして、さらに、唐箕(トウミ)にかけて、ワラや軽いモミを飛ばすことで、、
IMG_0986_convert_20141110165808.jpg

中身のつまった籾が残ってゆきます。(トウミは5~6回まわしたかな)
IMG_0990_convert_20141110165903.jpg
結局、5Kg x 8箱 ぐらいの収穫となりました。

昼食は、枝豆おこわ(ツナ、豚肉、えび)、大和揚げの煮物、小豆粥。
大和揚げ、はじめてでしたが、結構ワイルドでおいしかったです。
IMG_0984_convert_20141110165738.jpg




稲刈り

10/18 今日は、稲刈りです。
米は、例年どおりの、黒米(古代米)。 
IMG_0951_convert_20141110160319.jpg

端から順番に、鎌で刈る人と、
IMG_0952_convert_20141110160354.jpg

刈られた稲を束ねる人に分かれて作業開始。
IMG_0953_convert_20141110160433.jpg

みるみるうちに刈り取られてゆきました。
IMG_0954_convert_20141110160506.jpg

みんなで、ひたすら稲を束ねて、
IMG_0955_convert_20141110160529.jpg

なんとか、はさがけ完了。
IMG_0956_convert_20141110160621.jpg
大人、子供、合わせて20名程度でしたが、たっぷり2時間ほどの仕事量でした。
これ、1人とか2人でやっていたら、日が暮れてしまうな~。
あらためて、本当にコメ作りって手間がかかるんだな、機械って偉大だなと痛感。
そして、子供たちを含めて、力を合わせることの大切さを再認識した一日でした。

昼食は、おこわ3種(黒豆、さつまいも、にんじん&ひじき)と、冬瓜、中華ポテト。
IMG_0959_convert_20141110160741.jpg

次は、脱穀ですね。
(おまけ、なぜか、カマキリ)
IMG_0964_convert_20141110160814.jpg
更新、おそくなって、スミマセンでした。

6/14 田植え

6/14 今日は、生活クラブ農園の田植えです。
この季節、あちらこちらで田植えが始まっていて、1~2週間で
あっという間に、ほとんどの田に、苗が植わるんですよね。

image1.jpeg
さあ植えるぞ!
image2.jpeg
紐についた印に合わせて、
後ろに下がりながら植えていきます。
image3.jpeg
あと少し。。
image4.jpeg
終了!! (分かりにくい?)

野菜の苗達も少しずつ成長しています。
こんにゃく芋。
image5.jpeg

さつまいもには、藁を敷きました。
image6.jpeg

こちらは、ピーナッツ。
image7.jpeg

とうもろこしも育っています。(ちょっと密だったかな?)
image8.jpeg

お昼は、半夏生餅としょうゆ豆。
image9.jpeg

半夏生餅(バター餅と小麦餅)
…ほんのり甘くて小麦が香ばしくて子供達も大喜びで食べていました。

しょうゆ豆
…そら豆を煎って醤油味で炊いたもの。香川県の郷土料理だそうです。
屋台の焼きとうもろこしみたいな香ばしい醤油の味と香りで、箸が止まらなくなりました。

田植えも終わり、畑の野菜も根付いて
また農園らしくなってきました。

10/19 脱穀

10/19、今日は、先週刈った稲穂の脱穀です。

お天気は、あいにくの雨でしたが、元気に稲わらを運びます。
よいしょっ。よいしょっ。

RIMG1193_convert_20131021201012.jpg

今日、活躍してくれるのは、↓の「足踏み脱穀機」。昭和の代物だそうです。
RIMG1201_convert_20131021201439.jpg
[広告] VPS



こちらは、さらに時代が遡り、教科書でお馴染み?の「千歯扱き」。元禄期に考案された日本の古式の脱穀用農具。子供用ということでおっちゃんのお手製です。
RIMG1205_convert_20131021221711.jpg

よぉうし!じゃんじゃん脱穀するぞ!
RIMG1212_convert_20131022220004.jpg

お次は、お米の選別。手動式のハンドルで風を起こし、重いヤツと軽いヤツに選別するのだ。
RIMG1230_convert_20131023212240.jpg
稲たちだ
稲たちは、お米を取ったあとも、芯は縄や草履に、外側の葉はまた土に戻したり、捨てるところがないそうです。循環系が成立してる!と考えると何だかスゴイですね。

おっちゃんのまわりには、いつも子供たちが群がっています。今日は何をしているのかな?
なんと、わらの芯で「しめ縄」を編んでいるのです。わらの芯は叩いて柔らかくしてから、撚りをかけていきます。難しいーっ!
RIMG1221_convert_20131023215432.jpg

そして、お楽しみのお昼!
おやき(かぼちゃとベーコン、なすと肉みそ)、さつまいもとリンゴの甘煮、ゆず茶!!
いっただきまーす!!
RIMG1239_convert_20131023215623.jpg
いつもありがとうございます。感謝!感謝!
美味しいお昼に、おなかも心もほっこりです。ごちそうさまでした。

10/12 稲刈り

10/12 今日は稲刈りです。なんとなく、うきうきするのは私だけでしょうか。
やはり、米には、日本人のスピリッツを呼び起こす何かがあるのだと思います。

稲刈りの前に、前回紹介した古代米をもう一度見ておきましょう。

こっちが、普通の稲。
IMG_0466_convert_20131016110537.jpg

で、こっちが、古代米。
IMG_0465_convert_20131016110150.jpg
一見同じ苗から、何パーセントか、こういうのが出てきています。
先祖返りっていうのでしょうか、遺伝子って、なんかすごい。

では、稲刈りの風景をご覧ください。
10人程度で、それぞれが端のほうからカマで刈り進んでゆきました。
IMG_0469_convert_20131016111030.jpg

IMG_0470_convert_20131016111157.jpg

IMG_0471_convert_20131016111256.jpg

IMG_0473_convert_20131016111615.jpg

IMG_0472_convert_20131016111429.jpg

刈りとった稲は2~3株をまとめて紐で結えて、稲穂を下に吊るしてゆきます。
IMG_0474_convert_20131016111750.jpg

IMG_0475_convert_20131016111916.jpg

田んぼの横は、すぐ一杯になったので、
IMG_0476_convert_20131016112049.jpg

入り口付近のフェンスも利用させていただきました。
IMG_0477_convert_20131016112139.jpg

日本の原風景ですね。
そういえば、刈りとった稲が干されている風景は、昔はよく見かけたんですが、
最近はめずらしくなっているんでしょうね。
それもそのはず。刈るのも束ねるのも干すのも、
人数がいないとできない作業だと実感した一日でした。

なお、エダマメ(黒豆)は、先週より太みを増し、さらに食べごろになっていました。
お昼には、このエダマメ、先週収穫のピーナッツ、をその場で茹でて、おにぎりと一緒に
いただきました。 毎度ながら、ごちそうさまでした。


次週、米の脱穀の予定です。



6/15 田植え

 6/15。 今回は、田植えです。

が、その前に、畑のほうの状況をざっと見てみましょう。
以下、水路側から順に、カメラに収めてみました。
(種類、間違っているかもしれません。間違い等ありましたら教えてください。)

左1_綿?_convert_20130621175943

左2_ごま_convert_20130621180120
ごま(間引き後)

左3_落花生

左4_落花生_convert_20130621180209
落花生(これからですかね。。)

左56_青ウリ_convert_20130621180248
青ウリ(み、み、水が、ほしい~)

左7_いも_convert_20130621180324
さつまいも(元気で~す)

左8_いも_convert_20130621180409

手前_綿?_convert_20130621180523
手前の畝(綿?)

奥_かぼちゃ?_convert_20130621175901
奥の畝(かぼちゃ? かな)

ゴマは、生命力ありますね。タネを蒔きすぎたこともあり、間引きすることになりました。
さつまいもも、たくましそうです。
IMG_0307_ゴマの間引き_convert_20130621174551
ゴマの間引き風景

では、田植えの開始です。
苗は元気に育ってくれています。どれくらいの間隔で植えてゆくのかな?
RIMG0817_田植え1_convert_20130621174836

RIMG0823_田植え2_convert_20130621175025
横一列にならんで、順に苗を植えつけてゆきます。 ぬるぬるで、いい気持ち、ってか。
ぬるぬるの地面に、苗を押し込むのは簡単なんですが、反面、簡単に抜けてしまいそう。
これから、苗がしっかり根付いてくれるか、ちょっぴり心配です。


さて、お昼は、餅つき(バター餅、半夏生餅)です。
餅つき機でついたおもちを、子供達が、きなこをまぶせてまるめてくれました。(半夏生餅)
RIMG0835_餅つき2_convert_20130621175557

RIMG0845_昼食2_convert_20130621175703
あと、お味噌汁と、そうめんサラダと合わせて、こんな感じで、いただきました。

RIMG0830_昼食1_convert_20130621175203
ごちそうさま。

では、また次回。
(次はもう7月ですね。順調にゆけば稲なんかは青々と育っていることでしょう。楽しみですね。)
プロフィール

生活農園

Author:生活農園
三宅町の石見駅近くの農園で、子どもたちとともに、定期的に活動をしています。
人間の土台となる「生きる力」を、子供たちの中に育てたい!
その想いで集まった親子が、農業、料理、自然や人と触れ合うさまざまな活動を通して、体験、発見し、感じたことを綴っています。

リンク

記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR