FC2ブログ

2014/02/01 ちょっとブレイクタイム。蒟蒻作り。

2014/02/01、今日は蒟蒻作りです。

こんにゃくいも、恥ずかしながらはじめて現物を見ました。
おっきーい!3年物だそうです。
蒟蒻いもは、3年でようやく一人前になるそうです。写真から、芽がでているのがわかりますか?ピンク色のとがったやつです。この小さな芽を切り取り、土に植え、3年後には...写真くらい大きなイモに育つのかしら?

蒟蒻いも


では、作りましょう!!
蒟蒻
蒟蒻2
ここで、問題です。「こんにゃくに入っているツブツブは何でしょう?」
こたえ、「こんにゃくイモの皮の部分」でした。
今日の手作り体験を通して、ツブツブの正体がわかりました。感動です。
こんにゃくの成分は、97%が水分で、残りの3%が固形分とのこと。ほとんど、お水なんですね。これまた、びっくり。
こんにゃく芋の中の〔グリコマンナン〕という成分は、水分を大量に吸い込む性質があり、カルシウム(アルカリ)と反応すると、これらの水分を吸い込んだまま固まるそうです。

今日のごはんは、こちら!
白ごはん&黒米、おからドーナツ、ブラウニー、こんにゃく、こんにゃくのおとも(クルミみそ、ゆずみそ、ふきのとうみそ)、五目豆。
ごちそうさまでした。
お昼140201
スポンサーサイト

おこわ3種

 おこわ3種(山菜、中華、赤飯)のレシピです。

1.山菜おこわ

 
                          q1.gif 
(材料)

もち米  5合

鶏胸肉  1枚

山菜水煮 1

人参   1本

調味料 (塩 10g、だし醤油 大1)

(作り方)

①.もち米は前日に水につけておく。

②.30分前にざるに上げておく。

③.300mlのだし汁に切った鶏肉、野菜を入れて軽く煮た後、具と煮汁に分ける。

④.もち米の上に具をのせて30分蒸す。

 (途中、10分毎ぐらい23回に分けて煮汁を上からかけてしみ込ませながら

  よく混ぜる。




2.中華おこわ

          q2.gif 

(材料)
もち米  5合
鶏胸肉  1枚
筍    半本
人参   1本
銀杏   1袋
調味料 (ごま油 大1、中華ブイヨン 1個、
        塩  8g、 醤油 小1 )
(作り方)
①.もち米は前日に水につけておく。
②.30分前にざるに上げておく。
③.ごま油で鶏肉、野菜を炒め、調味料を入れる。
④.③に水300mlを入れて煮立たせ、もち米を入れて吸収させる。
(汁気がなくなるまで混ぜる。)
⑤.銀杏を混ぜ30分蒸す。
※ ⑤は、蒸し器に広げてそのまま蒸しても良いが、④を竹の皮でちまきのように包ん
だり、三角に握ってアルミホイルで包み、穴をあけたもので蒸しても良い。




3.おこわ(赤飯)

      
q3.gif 

(材料)
もち米  5合
小豆   1/2袋
塩    大1/2
タンサン  5g

(作り方)
①.もち米は洗っておく。
②.小豆を洗って、2lの水で皮が破れない程度に湯がく。
③.豆と湯がき汁に分け、湯がき汁が50度になればタンサンを一握り(5g)入れ、
お玉ですくっては落とすを10分位繰り返す。
(これで、ゆで汁が赤くなる。)
④.③にもち米をしばらくつけておく。
⑤.蒸す30分前に水切りをする。(米とゆで汁に分ける)
⑥.もち米の上に、小豆をのせ15分蒸す。
⑦.ゆで汁の残りに塩を混ぜ、3回に分けてかけながら30分蒸す。
  (上からかけてしゃもじで混ぜるという作業を7~8分毎に行う。)


半夏生餅とバター餅

 半夏生餅について・・・

☆半夏生は、二十四節季の雑節の分類で、夏至から数えて、ちょうど11日目にあたる日をこういいます。今年は72日です。古くから、田植えはこの日までに終えないと、その後田んぼに水が豊富にあったとしても、収穫量が半分になるといわれています。

農家にとっては大事な節目の日で、この日までに農作業を終え、この日から5日間は休みとする地方もあるそうです。

半夏生の日に、豊作を願って、田んぼの四隅に 半夏生餅 (はげっしょうもち)をお供えするという話を農家の方から聞いたことがあります。

人々は神様と一緒にお供物を食して、しばし農閑期の休息をとったということのようです。

このような風習は、大和の国(奈良)、北和歌山、南河内で残っており、奈良では室町時代からありました。

さて、半夏生餅はどのようなものかといいますと、小麦ともち米から作る餅です。一般に、お餅といえば、もち米のみで作られますが、小麦の収穫が6月なので、ちょうど旬のものを使ったのでしょう。



半夏生餅(はげっしょうもち)

半夏生餅



 <材料>

  もち米 5

  つぶし小麦 5

  きなこ 適量

  砂糖 適量

  片栗粉(とり粉として)適量


 
<作り方>

  ①もち米は前日から洗って水につけておく。蒸す30分前にあげる。

  ②つぶし小麦をざるに入れて洗う。

  ③もち米の上につぶし小麦をのせて、蒸し器で蒸す。

  ④ふつうのもちのようにつく。つきあがったら、きなこと砂糖を混ぜたものをもちにまぶす。


バター餅

バター餅

 

 <材料>

  もち米 一升

  バター 5060g

  小麦粉 1カップ

  砂糖 1カップ

  塩 小さじ1

  卵黄 12

  片栗粉(とり粉として)適量

 <作り方>

  ①もち米は前日から洗って水につけておく。蒸す30分前にあげる。

  ②蒸し器で蒸す。

  ③ふつうのもちのようにつく。バター、砂糖、小麦粉、塩、卵黄の順に加えてさらにつく。

  ④片栗粉の上でのして、包丁で切る。




開口笑のレシピ

 開口笑(かいこうしょう)

 揚がるとパカッと割れる中華ドーナッツです。

 沖縄のサータアンダーギーのもととも言われています。

kaikousyou.jpg

材料(20個分)

 薄力粉       300g

 ベーキングパウダー 大さじ1

 砂糖        150g

 水         50cc

 卵         1

 ラード       大さじ1

 揚げ油       適量

※好みでバニラエッセンスを数滴入れてもよい。

※打ち粉として強力粉を使う。なければ薄力粉で代用。

作り方

 1.ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れ、よく混ぜる。

 2.水、溶き卵、ラードを加え、ひとかたまりになるまで混ぜ合わせる。

 3.ビニール袋に入れ、冷蔵庫で30分ねかせる。

 4.台に打ち粉をして、棒状にのばし、20個に切り、丸める。

 5.揚げ油を160℃に熱し、丸めた生地を入れて揚げる。きつね色になり、
パカッと割れるまで、じっくりと揚げる
(揚げ時間が少し長めと感じるくらいがちょうどいい)。



iphone写真201305+004_convert_20130520222301



プロフィール

生活農園

Author:生活農園
三宅町の石見駅近くの農園で、子どもたちとともに、定期的に活動をしています。
人間の土台となる「生きる力」を、子供たちの中に育てたい!
その想いで集まった親子が、農業、料理、自然や人と触れ合うさまざまな活動を通して、体験、発見し、感じたことを綴っています。

リンク

記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR