04/15 梨の花マルシェ

4月15日(日曜日) 梨の花マルシェ

梨の花マルシェに「農園つながり」で参加させて頂きました!
今年のテーマは、「ママたちがつくる雑貨・焼き菓子・畑の贈り物」。
メンバーそれぞれが作品を持ち寄っての農園ブースです。
あいにくの雨でしたが、今年も楽しく過ごさせて頂きました。

「petit gateau*Kana」@焼き菓子・・・サークルメンバー絶賛のスイーツ!農作業後のひとくちはまた格別!
「山猫邸出張所」@フエルト雑貨・・・お弁当セット、プリン。食べられませんが食べたくなる作品!
「(屋号思案中)MiyuU」@アクセサリー・・・ピアス⇔イヤリング変更承ります!春らしい作品が並びました。手作りのアクセサリー収納BOXも素敵。BOXは非売品ですがパパさんがママさんのために!素敵パパさんです。
「ゆうき&よしのShop」@スライム・雑貨・・・小学生の女の子が作るスライム・きらきらスパンコール入り!来場の子どもたちに大人気でした。
「TAROnoHAHa」@アクセサリー・・・飾り紐結びのブローチ、スワロ&ビーズの指輪やネックレスが並びます。
「まつもと農園」@農作物・・・奈良県・三宅町産の金胡麻。ゴマの国内自給率はわずか0.1%。稀少な国産金胡麻です。

IMG_3793a_convert_20180505112100.jpg

IMG_3794a_convert_20180505112401.jpg

IMG_3792_convert_20180505112424.jpg IMG_3796_convert_20180505112532.jpg

梨マルのイイところは、「やりたい!」を応援してくれるところ。手作りのものを出店できるのは特別なヒトだけだと思っていた。まさかワタシの作ったものを並べられるなんて驚きだ。・・・友人の一言がココロに残っています。スライムを出品した小さな作家さん、売り上げを手にしたときのはにかむ笑顔も記憶の宝物となりました。
そして、今日はじめて顔を合わせた子どもたち。他のブースの子どもたち?なのだろうか、はたまた来場者か、いつの間にか仲良くなって、雨の中でも走り回り、遊具で遊び、動物と触れ合い。店番をお願いしようと思っても帰って来ない(苦笑)。閉園まで遊びまくっていました。群れて遊ぶ子供たち、これも、梨マルの素敵なところ。

雨で寒い中での仕切りは大変だったと思います。梨マル・スタッフのみなさま、ありがとうございました!
スポンサーサイト

03/21 上映会「カレーライスを一から作る」

3月21日(水曜日・祝日) 上映会「カレーライスを一から作る」

curry_1.jpg

農園サークルで作った野菜でカレーを食べたいと思ったのがきっかけで、このドキュメンタリーと出会いました。植物は生き物ですか?動物は?命を頂くってどういうこと?カレーライスを一から作ることで見えてくるものがある。物事を一から考えると本質がわかる、本質を見抜く目は生きる力の糧となる。かなり駆け足の作品ではありますが、生きる力の示唆にとんだ作品であり、子どもたちに伝えたいことがぎゅっと凝縮されていました。私たちお母さんは食に関わる機会だらけです。食に興味がある人もない人にも見てもらいたい1本でした。

小さな町・三宅町の中でも一番小さい大字にある、小さな小さな集会場での開催となりました。
参加者は、町外からも集まり、大人20名、子ども16名の計36名。子ども、子育て世代、先輩世代と3世代にわたり、幅広い世代の参加がありました。
curry_3.jpg

「カレーライスを一から作る」上映会を終えて・・・参加者の声
子どもたちには、少し難しいかなと思っておりましたが、あなどるべからずでした。予想以上にたくさんのことを感じ取っていました。鳥を絞めるシーンについては、苦手な人は目をつむるか、ちょっと外に出ようと声掛けをして観てもらいました。
●年長さん-トリさんが可愛いかったです。可哀そうだった?という問いに「食べるために育てていたんでしょ。だから、可哀そうとかそういうのではない」と。
●年長さん-野菜も生きていることがわかった!
●小学2年生-今日はお母さんのお手伝いで参加しました。カレーライスが食べられるのは、いろんな人や物のおかげなんだということがわかった。
●小学4年生-鳥を殺すところが少し怖かった。学校の本で見たことがあるので平気かなと思っていたけど平気じゃなかった。命をもらっているんだなと思った。
●中学1年生-カレーライスを一から作るって、すごく大変なことだったんだ。

子育て世代は、子どもたちに何かしら感じてもらいたいという想いを持っての参加となりました。
●家に帰ったら、もう一度、今日のドキュメンタリーについて子どもたちと話をしようと思います。
●カレーライス、一からは作れないけど、何かしらひとつ、ふたつでも自分たちの手を介したものがあると良いなと思いました。
●子どもが途中で座っていられなくなってしまいました。もう少し観て欲しいなと思っていましたが残念。日々の暮らしの中で少しづつ伝えようと思います。

先輩世代は、
●子どもにも観てもらいたい、孫に伝えたい。
●食事の前の「いただきます」、食事の後の「ごちそうさま」。命を頂いていることへの感謝、食事を用意してくれた人、食材を作っている人、携わる全ての人や物への感謝ですね。
●今はお店に行くと何でも揃うんですよね。小さい頃、家には鶏がいて、この映画のように締めて食べていました。そんな体験をしていたことをすっかり忘れていました。

上映会の裏側 !? お・ま・け
curry_6.jpg

curry_4.jpg

curry_5.jpg

では、また農園で!

2/24 手前味噌をつくろう!

2月24日(日曜日) 手前味噌をつくろう!

miso_1.jpg

材料は、大豆、麹、塩の3つだけ。作り方も、大豆をつぶす、麹と塩を混ぜる、こねるだけ。あとは、みそが熟成するのをじっくり待つ、たったこれだけ!思ったよりも簡単にできる、みそ作りの楽しさを味わっちゃいました。お昼は農園サークルで収穫した玄米をまぜたごはん。ニギニギしておにぎりを作ります。かつをぶし、乾燥野菜、乾燥わかめ、おふ、と、味噌玉(といっても丸くのせただけ)にお湯をかけてのお味噌汁も頂きました。

miso_2.jpg

これからのイベント情報

これからのイベント情報 

農園サークルでは ↓こんなこと↓ 計画中です。

「手前味噌を作ろう!」 2月24日(土曜日)
「カレーライスを一から作る上映会」 3月21日(水曜日・祝日)
「梨の花マルシェ」に"農園つながり"で出店 4月15日(日曜日)

お時間が許せば是非いらして下さい。

詳しくは、コチラ↓から!

第1弾 「手前味噌を作ろう!」
手前味噌を作ろう


第2弾 「カレーライスを一から作る上映会」
カレーライスを一から作るを観よう
main_convert_20180215223019.jpg convert_20180215223051.jpg
convert_20180215223200.jpg convert_20180215223217.jpg
convert_20180215223329.jpg convert_20180215223310.jpg

サークルの子どもたちが作ったポスター。案内と一緒に三宅町の公共施設に置かせてもらっています!
IMG_3594_convert_20180215185640.jpg IMG_3595_convert_20180215185659.jpg IMG_3596_convert_20180215185717.jpg

第3弾 「梨の花マルシェ」に"農園つながり"で出店
梨の花回廊と手づくりフェア
日時 4月15日(日曜日) 10:00~16:00
場所 大淀町福神中央公園
NashiMaru.jpg

02/18 梨の枝拾い

たまっている日記を書く・・・
02月18日(土曜日) 梨の枝拾い

生活クラブ奈良の春の青空大試食会で配布するための「梨の枝」を頂きに梨マルさんを訪ねました。
梨マル・ベース基地-RIKAEN、さらにパワーアップ!イギリスのB&Bのような可愛らしいゲストルームができていました。

マチコさんの梨園で梨の枝を頂いたあと、RIKAENにて梨の木に名札を付けるお手伝いをさせて頂きました。
IMG_2513_convert_20170408220203.jpg

そして、梨灯りにも飛び入り、竹灯籠を作らせて頂きました!
みなさん、まいドリルで、細かな模様付けをされておいででした。
IMG_2514_convert_20170408220244.jpg IMG_2518_convert_20170408220328_20170408222704bd9.jpg



農園X梨マル・コラボ企画

咲かせてみよう!梨の花-2017-

生活クラブ生協奈良の春の青空大試食会にて、梨の枝を配布させて頂きます。
今年で2回目の梨の枝の配布です。
大淀町の梨農園さんからのプレゼントです。

ところで、「梨の花」を見たことはありますか?さてどんな花なのでしょうか。
しかも、蕾がほころんで花が咲く過程はなかなか見ることができませんよね。
是非ご自宅で蕾が花開く瞬間を楽しんでみて下さい。

去年咲かせたよ!という方、是非、今年も楽しんで下さい。
梅・桃・桜に続いて開花する梨の花。さて今年はどんな華を咲かせてくれるのでしょう。
楽しみは広がります。

生活クラブ生協奈良の春の青空大試食会
日時:2017年3月4日(土) 10:00~12:00
場所:生活クラブ生協本部センター
〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町913
TEL 0743-58-5225

参加費:大人一人100円、中学生以下は無料
※マイ食器、マイ箸を持ってきてください。

梨の枝は農と食育準備委員会ブースにて配布されます。

08/27,28 大淀2016夏-その2

08月28日(日曜日) 大淀2016夏-その2

大淀、2日め。
寝る前にパン種を仕込み、朝から焼きたてパンをみんなのために焼いてくれるMIOちゃん。助手のさと兄ちゃん、ゆーきちゃん、一緒になって準備を進めてくれました。MIOパン、NAKANOさんの絶品鶏ハムとともに、「いただきまーす!」

しばし、くつろいだ後、
昼食班は、梨カレーの準備に入ります。
こどもたちは、ここから40分くらいのところにある"蜻蛉(せいれい)の滝"へGO!

蜻蛉の滝は、吉野郡川上村にある、夏休みの川遊び人気スポットとのこと。
やまとの水(平成3年12月選定)にも選ばれている美しい滝だとか。
滝の下から「パシャリ!」
滝

あいにくと雨が降り出してしまいましたが、
どうせぬれるは同じさ!ということで、こどもたちは、川の中へ。
川1  川2

今回も、こどもたち、おとなたち、実りある1泊2日となったのではないでしょうか。
梨プロのみなさんとの交流はもちろんのこと、同じ時間を共有することで、
私たちの活動理念である"世代を越えて互いに教え合い、学び合い、育ち合い、「みんながみんなを支える関係」"に向かって少し近づけたのであれば嬉しい限りです。

最後に、
MLで、先行配信しておりました、大淀企画-2016年夏の食いしん坊情報をまとめておきます。

●阿太夢
梨の花プロジェクト(梨マル進化形)・ファームである、RIKAEN。
かなり稀有な品種である通称りんご梨を頂きました。
(ここ大淀では、少なくとも、RIKAENのみ)
命名、「阿太夢(あだむ)」。洒落の聞いた素敵な名前です。
大淀-大阿多高原の夢追い人たちがつくる、そんな意味も込められているとか。
糖度が高く、りんごのような梨。
厚みのあるシャリシャリとした食感で、
後味はスッキリとしたキレがありました。

●RIKAEN-かき氷・梨シロップ
その1で紹介した、梨の実とシロップをハンドミキサーで、
うぃーんと混ぜたシロップがかかったかき氷。
素朴な味で、あと味すっきり!

●RIKAEN焼きそば
NAKANOさんプロデュースの海鮮あり、お肉ありの焼きそば。
RIKAENの環境というスパイスも加わり、大変美味しく頂きました。

●MIOパン&NAKANO鶏ハム
MIOちゃん、YOUKIちゃん、SATOくん、
3人で27日夜の仕込みから
翌朝のパン焼きまでやってくれました。
農園メニュー・松本の一押しNAKANO鶏ハムとの
相性もバツグンでした!

●NAKANO梨カレー
RIKAENで、授粉用の長十郎梨を収穫させて頂き、
梨カレーを作りました。(作ってもらいました。)
鶏ガラから出汁をとった、本格スープカレー。
サラっとしたスープにはコクがあり、
梨の甘味がふわりと鼻腔を抜ける、さわやかな
夏カレーとなりました。

来年は是非、一緒に行きましょうね!
では、また農園で。ごきげんよう!

In The Two-day Best Shot!
IMG_2209_convert_20160918213122.jpg

08/27,28 大淀2016夏-その1

08月27日(土曜日) 大淀2016夏-その1

08月27日、28日の1泊2日で、農園を飛び出し、大淀にやって来ました。今回は、ほぼNo-Plan、行き当たりばったりの大淀企画、夏休み最後の週末を遊び倒します!

梨の花プロジェクトの活動拠点「RIKAEN(梨華園)」にGO!
4月にお邪魔したときよりも、ガレージ工房の改装は進んでいてビックリ。チェーンソーの音が響く中、いかにもという機械に興味深々のこどもたち。「ここにある機械には絶対に触らないこと!手がもげたりします。守れない子は外の出てもらうよ!」と、ピシャリ。そっと手を伸ばしかけていたこどもたちも手を引っ込めます。でも、気になるこどもたち、遠巻きに、これ何だろうと目だけがくるくる動いています。その時、「梨あるよ。食べる子いる?」の声が。食べ物最優先?のこどもたち、ガレージ工房の奥に吸い込まれて行きました。

手作りで進化するRIKAEN。どんどん組みあがって行く姿がスゴイのなんのって。
先ずはRIKAEN入り口、梨売り場と、お隣りには自家栽培農作物の売り場が並びます。こちら木製で、ヨーロッパの片田舎の雰囲気。入り口に向かって左手には、建設中の多目的ステージ。左手奥には、なんとシャワールームが!そして、ガレージ工房の最奥には梨を計量する自動選別機。最後に、入り口右手にはお手洗い-木製の目隠しがなんともメルヘン。
写真で紹介できないのが残念。(写真撮り忘れてしまいました)。気になるみなさん、是非、足を運んで見に行って下さい。ホントすてきです。

梨の木の下にゴザを敷き、頂いた梨をほうばった後、明日の梨カレーの梨をとりに行きます。梨のもぎ方わかりますか?実を持って上に押しあげてやるとポロリと外れます。実が枝から外れる瞬間の感触がこれまた心地よし。
梨カレーには、授粉用の長十郎梨を使います。
IMG_2207_convert_20160918213102.jpg

梨マルのみなさんが、ガレージ工房の改装の中、手を休めて、農園のこどもらに準備して下さいました。え、なになに!?
なんと、それは、小屋の枠組み!

「秘密基地、作っちゃうぞ!おーっ!」
IMG_2210_convert_20160918213449.jpg IMG_2213_convert_20160918213551_20160919094326ad6.jpg
RIKAENの左手にある竹藪から竹笹を切り取って、小屋に縛り付けることで、屋根にします。
IMG_2214_convert_20160918213641_20160919094324cf6.jpg
こどもたちの間で竹の棒を使ったチャンバラごっこが始まりました。最後は、大人がせっせと屋根作り。
IMG_2217_convert_20160918213722_20160919094323a6d.jpg
「秘密基地の完成だ!」 写真撮りまぁーす「はい、ポーズ 
IMG_2219_convert_20160918213803_201609190943214bb.jpg

「かき氷食べませんかー?」とガレージ工房からの声。「はーい!」
IMG_2222_convert_20160918213913.jpg IMG_2226_convert_20160918214049.jpg
梨とシロップをハンドミキサーで撹拌したシロップをかけて頂きます。ただ混ぜただけなのに、これがうまい!

お次は、スイカ灯籠作りに挑戦だ。はじめて彫刻刀を使うこどもが大多数の中、うまくできるかな。各々、スイカを選び、デザインを考えてスタートです。まずは彫刻刀でデザインを薄く彫ります-白いところが見えたらOK。白いところは後々光を透かしてくれるとか。穴をあけたいところは、赤い実のところまで彫ります。
IMG_2233_convert_20160918214240.jpg IMG_2238_convert_20160918214309.jpg
口をくりぬいて、ここからナカミをかき出します。「うぇー、なんか、血を吐いているみたいだぞー!」ぎゃはははっ!...え、笑うところ?
さて、どんな、スイカ灯籠ができあがるのかな?後半お楽しみに!

梨マルの他メンバーも続々と集まり、夕食の焼きそばBBQの準備がはじまります。
スイカ灯籠を作り終えたこどもたち、多目的ステージにある物を見付けました。
IMG_2231_convert_20160918214155.jpg
はじめて手にするギターに、これまた興味深々!

ご近所の小さいこどもらもやってきて、初対面にも関わらず、一緒に遊びはじめるこどもたち。
こどもは本当にすぐ仲良しになります。
焼きそば、秘密基地で食べたーい!
IMG_2244_convert_20160918214424.jpg

日も暮れ、スイカ灯籠に蝋燭をともします。
画像調整なしで、はいチーズ!うっ!目が光っている。ポルターガイストちっくだ...
IMG_2247_convert_20160918214738.jpg
こどもたちの作品はコチラ↓
IMG_2252_convert_20160918214820.jpg

IMG_2261_convert_20160918215026.jpg IMG_2260_convert_20160918214955.jpg
IMG_2264_convert_20160918215113.jpg

さて、明日はどんな楽しいことが待っている?続きはまた!









咲かしてみました「梨の花」

咲かしてみました「梨の花」

3月5日-生活クラブ生協奈良での「青空大試食会」にて、梨の枝をプレゼントさせて頂きました。
お蔭さまで、来場者の7割以上の方に持ち帰って頂くことができました。
「何なにこれ!何やっているの?」「たくさん頂いて良いかしら?」「梨の実はできるの?」
「梨の花はみたことがないわ。咲くのが楽しみね。」などなど、会話が飛び交っておりました。

お持ち帰り頂いた方から、コメントバック頂きましたので、ご紹介させて頂きます。
(4/17現在までの投稿です)

hana1.png

hana2.png


4/9の大淀町-梨の花マルシェより
この日、大淀町の梨園は満開。
梨マルの会場から、梨園まで送迎バスがピストン運航しており、車窓からの梨園の姿に圧巻されました。
さながら雲の上を走るバスといったところでしょうか。
梨園の様子だけではありますが、お花の様子を少しご紹介させて頂きます。
IMG_1822_convert_20160423100054.jpg

IMG_1821_convert_20160423100111.jpg

03/05 梨の枝配布

-サボっていたブログをアップする(その9)
03月05日(土曜日) 
農園in青空大試食会

「咲かせてみよう梨の花」

青空大試食会にて、農園×梨マル コラボ企画 「咲かせてみよう梨の花」を出展しました。

梨マルさんから頂いた「梨の枝」のお試しプレゼント!
さて、この「梨の枝」、生まれは吉野郡大淀町になります。
大淀町は、奈良県中部、吉野川右岸に位置します。大淀西部の大阿太高原は梨の産地だということで知られています。みなさんの中にも梨狩りに行かれた方が多くいらっしゃることと思います。
ところで、梨の実ならず、「梨の花」を見たことはありますか?さてどんな花なのでしょうか。しかも、蕾がほころんで花が咲く過程はなかなか見ることができませんよね。
自宅で蕾が花開く瞬間を楽しんでみよー!という企画です。

その後、梨の枝の追跡は、またのちほど。
お楽しみに!

201604171753488c5.png

01/24 農園×梨マル

-サボっていたブログをアップする(その6)
01月24日(日曜日) 農園×梨マル コラボする

梨マル×農園 コラボ企画
「梨の花プロジェクト」

目的
1.奈良ならではの地域貢献活動
奈良の都市部ではできないこと
2.自らの成長
自主性→主体性を伸ばす
→テーマ・コミュニティの形成

目標
1.奈良ならではの地域貢献活動への可能性
①自然の恵みを体感すること
②現在廃棄されている梨の枝の価値創造
③大淀との人的ネットワークの強化
2.自らの成長
①自主性→主体性の習得
②自主活動や組合員活動に向けての運営・行動形成につなげる)


背景と内容 (事業体への提案内容)
背景:きっかけは、現在廃棄されている梨の枝を商品化できないかという相談から始まる。農園としても、自分たちの手で生協外部との関わりを持ち、新しく開拓するという経験を得ることで、自主活動、あるいは、組合員活動に向けての運営方法を学べる場としての期待がある。そこで、数年計画で試験的に梨の枝の配布をして行きたいと考えている。また、大淀は疑似的な大家族や自然を満喫できる環境もあり、共育の場としての機能性も高い。この地でのイベント開催は人を呼び込むツールと成り得る可能性は高く、農園としても人的ネットワークを強化したい土地である。

内容:梨の枝を無償配布し、枝から花を咲かせるという時間と咲いた花を楽しんでもらい、感想(アンケート)を回収する。そして、大淀を知ってもらう機会を提供したいと考えている。

計画
2016年3月5日(土曜日) 青空市でのブース出展

コンセプト・ターゲット ※一緒に考えよう!
梨の花-花言葉は「愛情」。梨の木は「癒し」、「憩い」
最盛期は4月
4月14日...2/14、3/14、に続く、「愛」シリーズとして自分で育てた花という付加価値

キックオフ&交流新年会に参加してみての感想
----------------------------------------
・大淀へ行くのは5回目くらいになると思うのですが、回数を重ねる毎に子どもたちが楽しく過ごしているのを見れて嬉しいです。いつも3人くっついて遊ぶことが多いのですが、ここに来るとバラバラになって個々に楽しいことを見付けてくれてるようで、それもおもしろいなぁと思います。
今回は梨の花マルシェの皆様と初めてお会いしたのですが、色んな方がいて驚きました。みんな、やりたい事、楽しい事がたくさんあって、そしてそれを色んな人と共有したい、伝えたい気持ちがいっぱいなのを感じました。
梨の枝が第一目的ではありますが、折角の出会いなので他にもたくさん繋がれたら楽しいだろうなと思いました。
(す)

・ 一面雪景色の大淀に到着すると、会場の旧中元邸の前で中元さんが元気に手を振って下さいました。
子ども達は早速雪だるま作りにとりかかります。
奥の土間では梨マルシェの仲間の奥様達が野菜を切ったり準備を進め下さっていて、私もお肉を並べたりお手伝いさせてもらっているうちにその日のメンバーも揃い、地元で採れた人参やお芋に玉葱、生活クラブのお肉、ウインナー、おにぎりなどが並びバーベキューが始まりました。

みんなお腹がすいていたようで、野菜もお肉も焼けたそばから無くなっていき(梨マルシェの方々からも生活クラブのお肉っておいしいですね!と仰って頂けました。)、子ども達もシメのやきそばまでしっかり食べてお腹いっぱい、大満足でした。

お腹が落ち着くと、集会所のようになっている大広間で地元の小学校の校長先生をされていた方(通称“先生”)が「子どもの頃、紙芝居屋のおっちゃんにめちゃくちゃ憧れてね」と自作の本格紙芝居を上演して下さり、大人も子どももすっかり夢中になりました。紙芝居の下の小さな引き出しにはちゃんと駄菓子が入っていて、10円払うとお菓子がもらえ、紙芝居を見ることができるシステムでした。

楽しい紙芝居の後、“先生”のやりたいと思っておられる“それぞれの得意分野を持ち寄って老後もわいわい楽しめる場所を作ろう”という夢いっぱいのプランの発表や、お弁当やさんをされている女性、中元さん達の作った柿などをドライフルーツにしたものをネット販売している方、子供達を自然に触れさせたいと活動されている方など、それぞれ志を持っておられる方々のお話を聞くことができました。
やらなくては、という義務感でなく“お互いを受け入れ、やりたい事をやって皆が楽しくなる”という雰囲気がとても居心地良かったです。
私達農園組も、農園活動の写真とともに活動の内容を聞いて頂いたり、3/5青空市での梨の枝配布について打合せさせて頂きました。

今後も、奈良県民のふるさとのような大淀とのご縁を大切に温めて行き、共に発展していけたら素敵だと思いました。
(た)

雰囲気が伝わるといいな-フォト紹介
-------------------------------
新年会を兼ねた交流BBQ。生活クラブの消費材を紹介!クオリティの高さと「美味しい」を共感して頂きました。・・・配達地域外ではありますが・・・ね。
IMG_1602_convert_20160417110239.jpg IMG_1606_convert_20160417110300.jpg

しまった、、、キックオフの写真がない。
キックオフ後は、お手製の紙芝居で、タイムトリップ!
IMG_1607_convert_20160417110330.jpg

さらに、こどもたちはバルーンアートに大喜び!持ち帰れないくらい、たっくさん作って頂きました。
IMG_1609_convert_20160417110347.jpg

雪の中でのBBQは人生初の体験でした。梨マルのみなさん、ステキな一日をありがとうございました!これからもよろしくお願いします。

11/28 大阪生協フェスタ

-サボっていたブログをアップする(その3)
11月28日(土曜日) 大阪生協フェスタ

「第37回生活クラブ生協フェスタ 出展報告」

日時:
 前準備 2015年11月28日(土) 09:30-12:30 
 当日 2015年11月29日(日) 07:20-17:00
場所:センター、花博記念公園

参加目的:「大阪の応援!」

内容:
・恒例の大阪生協祭りに今年も応援の意味を込めての参加
・「生活クラブ生協大阪ってどんな生協なの?」という情報を発信
・生活クラブらしく「ごみゼロ大作戦」ということでリユース食器の貸し出しの実施

・生産者、組合員活動によるステージプログラム
・農産物、生産者食品販売ブース
・飲食ブース...奈良は金山寺豚汁で参加!
・学習・展示ブース
・組合員地区企画物販ブース
・こども広場
・家族市

物販実績:
・金山寺トン汁 :58杯(完売!) 20,250
 (内、金山寺味噌200g*6袋)
・小麦粉 :18袋(3.60g) 3,600
・潰し小麦 :19袋(1.90g) 3,800

フェスタの風景:
・半分遊ぶつもりが、なかなか忙しく、ほとんどの時間ブースにはりついていました、残念。
・生協フェスタは1年前から準備されての開催で、地区ごとの組合員ブースもあるとのことで勉強させて頂こうと思っておりましたが、ちょうど良い時間帯に、豚汁が売れ始めてしまい見学できませんでした、こちらも残念。敗因は計画性がなかったことにあります、反省。

・こどもたちが作った農園ニュース「にこにこ農園新聞」がブースに華をそえました。
IMG_1508_convert_20160416225130.jpg IMG_1509_convert_20160416225205.jpg

「おっ!こーすけだ」 ブースの内側より撮影-カシャリッ
IMG_1511_convert_20160416225320.jpg

・豚汁の方は、滑り出しが悪く、両隣や対面のブースに長蛇の列ができるなか、だーれもいないといった奈良ブース。急遽、リユース食器をレンタルし、マイ食器を持たれていないお客様の呼び込みを開始。長い列に並ぶのをあきらめたのか、徐々に豚汁も売れ始めました。終了時間まで余すところ30分ごろにようやく完売。ほっとしました。
・お昼時にはすごい賑わいとなりました。ひとがひとり通り抜ける道幅がとれない!押し合い圧し合いという感じでした。

IMG_1510_convert_20160416225221.jpg  IMG_1516_convert_20160416225245.jpg

IMG_1518_convert_20160416225344.jpg

・活気と賑わいという点では奈良でのイベントは少々さみしいという印象ですが、こどもの売り子さんがいたり、終わった後に生産者のみなさんと賄い飯を囲むということがなく、ここに奈良ではの良さを知りました。
・パネル作成のため配送便に絵を乗せてくれた子、前日のセンターで一生懸命作ってくれたこどもたちに感謝。小さい子の書いた文字や絵を、大きい子がキレイになぞってパネルを仕上げていく姿は微笑ましいものがありました。

でわ、また!

10/24 農民連感謝祭

10月24日(土曜日) 農民連感謝祭

明日香村で農民連感謝祭2015が開催されました。私たちも農園を飛び出し、農園加工品の物販での参加です。

今回のテーマは、「おいしい農村 つなぐいのち」。農民連会長の「若い人たちも含めて、生産者と消費者が手をつないで食を守るイベントです」「TPPのたたかいは始まったばかりで、食と農を守るたたかいはこれからです」という開会の言葉ではじまりました。
今年の収穫祭は、明日香村の「古都飛鳥文化祭」と合同でおこなわれ、和太鼓や海外の観光客を巻き込んだ古代衣装をまとったパフォーマンスもあり、聴いて楽しみ、観て楽しみ、食べて楽しみ、と盛りだくさんです。
IMG_1430_convert_20151115062458.jpg


さて、今回の目的のひとつは農園加工品の物販。結果は残念ながらいまひとつであった。期待していたトン汁の売れ行きが伸び悩んだ。当初聞いていたよりも集客数が少なく、汗ばむ陽気と、お隣のお隣くらいで、トン汁が無料で振る舞われていたのも、伸び悩みんだ原因のひとつじかな。集客数や客層、そして、お天気、の不確定要素を踏まえ、どのくらいの販売見込みがあるのかという予想精度を上げるのはなかなか難しいのであった。

生活クラブ生協奈良のブース↓↓↓こんな感じ
IMG_1420_convert_20151115062323.jpg IMG_1427_convert_20151115062421.jpg

物販実績は↓↓↓こんな感じ 
・金山寺トン汁 :30食くらい?準備した量の1/3程度。 \3,500 ???
売れた数/準備した数
・金山寺味噌 :37袋(7.4kg)  37/100  \12,950
・小麦粉 :2袋(400g) 2/5 \ 400
・潰し小麦 :8袋(800g) 8/30 \ 1,600

農作物を販売しているブースをくるりとひとまわり。若い方が1/3弱を占めており、農業の高齢化と言われているが意外と若者もいるのだなぁと少し驚く。
印象的だったブースは、山口農園さん?の、ホウレンソウと小松菜。長蛇の列ができていた。それぞれ新聞紙半分で巻ける量なら100円というもの。収穫のタイミングが少し遅れたのか、とても大きく育っていた。

うれしかったのは、急遽会場で作った農園のパネルに、足を止めて(止めさせた?)下さった方がいらっしゃったこと。2名ではあるが、どうやったら、この農園サークルに入れるの?どこでどんなことしているの?と聞いて下さったり、ブログのアドレスを携帯写真で撮り、アクセスしてみますね、と言って下さった親子さんもいて、大変うれしかった。
IMG_1435_convert_20151115062604.jpg IMG_1437_convert_20151115062637.jpg

・農産物加工品コンテスト-農園の金山寺味噌も飛び入り参加!
IMG_1439_convert_20151115062812.jpg

・また、一緒に行ってくれた子供たちに感謝。ブースでの呼び込み、チラシの配布はもちろんのこと、売れない(T^T)金山寺みそを売り歩き、ブース販売の倍以上の成果を上げてくれた。「うわぁ、こどもを使って売っているなんて悪どいなぁ!おっちゃん、こどもには弱いんや!」と言いながら手にしてくれたとか、半分押し売りになっていたらしい。

押し売り!?の様子↓↓↓こんな感じ-祭りの後、片付けをしている販売ブースのみなさんに声かけています。
IMG_1447_convert_20151115062902.jpg

IMG_1446_convert_20151115062928.jpg IMG_1448_convert_20151115062958.jpg

・大鍋3つ分のトン汁の準備、金山寺味噌等物販品のリパックを100袋以上と、大変な前準備だったと思われます。手伝いの人数が集まらない中、時間を工面して助けて下さった、立さん、鈴木さん、そして、吉村さんに感謝いたします。
・最後に、長丁場でしたが、楽しい時間をすごすことができました。ありがとうございました。

Today's Best Shot!! 小さなちいさなお客さん
IMG_1438_convert_20151115062701.jpg

10/10 梨の丘の仙人

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

08/29 BBQ!!

8月29日(土曜日) 農園BBQ!

またもや、ブログ書きをため込んでしまった。。。
よし!追いつくぞ!

というわけで、夏休み最後の週末に行われた、農園BBQのご報告です。
今年の農園BBQは、みごとな雨!しかもスコール!
お天気が良かったら、水遊びでもしようかねぇなんて考えてはいたが、まさか、どこもかしこも水浸しになるとは!

気を取り直して、センターの軒先を借りてBBQ準備開始。
今年は雨のため、恒例の竹燈籠が代わりに...何やら作っています。何ができるかは記事後半にて!
IMG_1225_convert_20150919143049.jpg IMG_1229_convert_20150919143155.jpg

準備手伝ってよー!の声は届かず。プロレスに興じるこどもたち。
IMG_1227_convert_20150919143116.jpg IMG_1230_convert_20150919143219.jpg

そして、いよいよBBQスタート!
BBQ番長はUmeパパ!よろしくお願いしまーす!
おなかをすかせたこどもたち。お肉足りるかなぁ・・・。
IMG_1232_convert_20150919143306.jpg

おなかもふくれたら、早速遊びはじめるこどもたち。雨なんてなんのそので、さとにぃちゃんのフリスビーで遊びまくりです。
IMG_1234_convert_20150919143334.jpg IMG_1238_convert_20150919143557.jpg

そして、恒例の花火大会!今年は大物からのスタートです。
IMG_1242_convert_20150919144322.jpg

BBQの残り火を使って、手持ち花火もはじまりました。花火、はじめて持つ子もいたのかな。
IMG_1248_convert_20150919144410.jpg IMG_1258_convert_20150919144455.jpg

そして、さきほどのBBQ準備の横っちょで作っていたのは。。。
何ということでしょう(びふぉぁあふたぁ風で)!竹棒と和紙の燈籠でした。
この後、センターの電気を全て消し、柔らかな灯りにつつまれました(と思われます。写真がなくて残念。ぢつは、ワタクシ見逃しました・・・(>_<)・・・)。
IMG_1274_convert_20150919144610.jpg

今日の日の準備を進めてくれた、ゆきちゃんに感謝です。

Today's best shot !!
IMG_1259_convert_20150919144528.jpg



農園X大淀 2015年春

溜まっている記事を書く(その2)
園外活動:農園X大淀 2015年春

4月4日(土)、5日(日)の1泊2日に、またまた大淀-中元邸にお邪魔させて頂きました。
今回のテーマは、「春」-「春といえば桜」、「桜といえば吉野」、「吉野といえば大淀」ということで、”大淀de花見!”企画となりました。

天気予報は雨100%だったのですが、幸い曇りで、皆の日頃の行いの良さが運を呼んできました。(へへへっ)

中元邸の裏山にはそれはそれは見事な桜の木があります。
IMG_1161.jpg

本当は、裏山で花見!と考えていたのですが、前日の雨でぬかるんでいるのと、思ったよりも斜面が急で、BBQ機材の設置はあきらめ、縁側前でのBBQパーティとなりました。

焼き手はお父さん、食べ手はお母さん&子供たち!?

玉ねぎのタマ部分よりも大きく育ったネギ部分が意外な人気で、しょうゆバターで頂きました。ワタクシ、子供には内緒ですがネギ系が苦手です。しかし、これはいけました!美味しかったです!
そして、手作りの焼肉のたれが大人気!(市販品もあったのですが、余りまくってお持ち帰りとなりました。)
IMG_1160_convert_20150523173922.jpg

夕食には、中元さんと、お友達のミヨさん(...お名前間違っているやも。。。)がいらして下さいました。
夕食は、、、あーっ!写真撮るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。m__m
お二人とも本当にパワフルに活動されており、来る「梨の花マルシェ」に向けてお忙しい毎日をお過ごしとのことでした。今回もまた大淀パワーを頂いた夕べとなりました。

はい、子供たち寝ますよー!
寝袋、なんだか、嬉しいね。
IMG_0960.jpg
...大きくなったサトくん。お父さん部屋で、「持続可能な社会とは」とか、「憲法についてどう思うか」とか、散々質問責めにあったと思ったら、すごいイビキで寝だすお父様たち。付き合いきれず子供部屋に避難しました。

翌日-
朝ごはんです。「いただきまーす!」
IMG_1168_convert_20150523174149_20150523205453788.jpg

近くの河原でひと遊び。石投げをしました。河原でエキサイト!
IMG_1172_convert_20150523174214.jpg

IMG_1174_convert_20150523174243.jpg

中元さんのおうちで、梨の受粉作業。お手伝い!?になったかな。
image3_20150523210223ad1.jpg image2_20150523210226b5b.jpg

ゲームでエキサイト!
IMG_1169.jpg
ソフトフリスビーでエキサイト!
IMG_0966_2015052321022833c.jpg

竹馬でエキサイト!
IMG_0967_convert_20150523181331.jpg
↑この竹馬は、お父さんのお手製です。その場でちゃちゃと作成。そして、はじめての竹馬。最初は足をかけるのも大変だったのに、ほんの数十分で、縁側の前を歩いていました。すごい!

そんなこんなで、今回も、おなかいっーぱい楽しみました!
ありがとうございました!

最後に。。。
今回の1泊2日の大淀では、長い時間親から離れ子供たちだけの時間を過ごした子らもいました。大きい子が小さい子の面倒をしっかり見ており、小さい子は小さい子で一生懸命大きい子のマネをしているのが印象的でした。そして、もうひとつ、「なんだか、急にまたひとつ大きくなっちゃったようで、ちょっと寂しいやら何やら...」というお母さんの何気ない一言が心に残った大淀でした。

冬の朝市

12/6 寒い一日でした。
今日は、生活クラブ奈良の冬の朝市です。

農園サークルからは、農園で採れた小豆を使ったあずき粥など、
と、農園野菜入りの金山寺みそ、を出店。 
kayu.jpg

農園メンバーは、他のお店もお手伝いしてくださっていました。

昆布や、
image01.jpeg

お魚のお店をお手伝い。
image02.jpeg

中央には、火がくべられ、みんなで暖をとったり、やきいもを焼いたり
IMG_1017_convert_20141225145938.jpg

子供たちは、解放された配送トラックの運転席に乗せてもらい、大喜び。
image08.jpeg

でも、なんだか、寒そう。。。
みなさんも、風邪などにご注意を。

園外活動 大淀に行きました!

→続きを読む

朝市に出店しました

8/30 センターで行われた夏の朝市に、農園サークルからも出店しました。

出し物は、押し麦、小麦粉、金山寺みそ。(自家製)
と、モーニングセット(パン&ドリンク)、ニョッキ作り。

IMG_0867_convert_20140913101357.jpg

IMG_0881_convert_20140913101424.jpg

全体は、こんな感じ。
センターの前が会場です。
2014asaich_summer.jpg
微妙にまだ暑く、日なたは結構大変。 
そういえば、それとなく、日蔭に人が集まっていましたね。
IMG_0882_convert_20140913101145.jpg
かきごおりや金魚すくいもあり、
IMG_0885_convert_20140913101214.jpg
子供たちも楽しそう。
IMG_0872_convert_20140913101302.jpg
BBQのときやった、竹での水鉄砲作りも、ふたたび出現。
IMG_0874_convert_20140913101325.jpg

IMG_0879_convert_20140913102208.jpg

ちなみに、今年は参加者が少なかったそうです。
農園のみそも、いっぱい、残りました。
次の朝市は、冬ですね。
よろしかったら、ご参加ください。

BBQ

8/2 夏休みのひととき、今日は農園サークルのBBQパーティです。

あいにくの雨(小雨)で、センターの軒先をお借りしてのBBQとなりました。
午後から集まって、
男性陣は、竹を切り出してきて、水鉄砲や灯篭など、竹細工に挑戦です。
IMG_0816_convert_20140804102425.jpg

子供たちは、コンテナをつなげて、ぐるぐる回ったり、とにかく大忙し。
IMG_0825_convert_20140804102504.jpg

女性陣は、次の朝市で出す金山寺味噌の仕込みとBBQの準備です。
こちらは、金山寺味噌の仕込みです。おつかれさま。
820.jpg

BBQ食材には、今日、農園で取れた、ピーマン、なす、トマトも、並んでいます。
IMG_0827_convert_20140804102550.jpg

午後5時、まだ明るいけど、いただきま~す。
IMG_0828_convert_20140804102617.jpg

お肉もたっぷり、いただきました。
IMG_0831_convert_20140804102639.jpg

おなかもいっぱいになり、
暗くなってきたところで、恒例の花火です。
834.jpg
あっという間に、なくなっちゃいましたが、
ちょうど手持ちがなくなったころ、
な、ん、と、 近くで、「ヒューン、ドッカーン」
この日は、大和郡山の打ち上げ花火だったようです。
少し、雨まじりでしたが、きっちり鑑賞させていただきました。(あっ、写真撮るの忘れた)

くつ下ハギレで指編み

7/5 食事の後で、くつ下ハギレの手芸を教えていただきました。
中村さん。ありがとうございました。とっても楽しかったです。

IMG_0806_convert_20140708120105.jpg
座布団、小物入れ、ワッペン、など、すべてくつ下を作る過程で出る輪状のハギレで作られています。

コップ敷きの作り方。

中心の輪は3重にして、そこに2重にした輪を結わえてゆきます。
IMG_0807_convert_20140708120133.jpg
6個結わえたら、隣に隣に、とかけて編んでゆきます。
IMG_0809_convert_20140708120203.jpg

隣にかけていった部分に、また、輪を2重にして結わえてゆきます。広い部分が6か所ありますが、
それに、あと2箇所加えて8か所作ります。 先に編んでいった末端に出たひもも、この時、合わせて
内側で結わえておきます。
IMG_0810_convert_20140708120232.jpg
前回と同様に、隣に隣に、と編んでゆきます。
IMG_0811_convert_20140708120304.jpg
次以降は、四角くしたい場合は、広い部分+4個(前回が8個なら、8+4=12個、次は12+4=20個)
で適当な大きさまで編んでゆきます。
IMG_0812_convert_20140708120333.jpg
はい、出来上がり。(最後は、針と糸で目立たぬように固定するのが良いでしょう。)
かごにする場合は、途中から編み数を増やさずに繰り返してゆくことで、筒状のものが出来上がります。

インターネット上で、くつ下 はぎれ 指編み などで検索すると、
いろんなのが出てくるようです。 
みなさんも、一度、挑戦してみませんか。

草花たち(番外編)

番外編 クイズです。

さて、次の草花(草だけのものもありますが)は、何でしょうか?
(すべて、農園で咲いていたものです。)

(1)いちごのような真っ赤な実をつけています
草1

(2)黄色のきれいな花です。アブラナ科?
草2

(3)よく見かける雑草、イヌ??
草3

(4)これもきれいな花ですね
草4

(5)これは超有名。
草5

(6)これもきっと有名なんでしょう。
草6

(7)これも。
草7

(8)これも、すごく有名。
草8

(9)これもよく見るけど、名前は? キク科?
草9

(10)同じく、よく見ます。 名前は??
草10

(11)これもきれいな花ですね。
草11

(12)これ、入り口のフェンスになっていました。
草12

正解は、。。。。
実は、私も全部はわかりません。
誰か教えてください。
また、今度、農園に行ったら、実物をみつけてみるのも良いでしょう。
番外編でした。

→続きを読む

園外活動-行ってきました!大阿太

2014年4月5日
園外活動-行ってきました!大阿太

お天気は曇り空。ここ最近暖かくなってきた?と思いきやまた寒さが戻ってきました。
今日は吉野で梨農園を営まれている中元さんのところへお邪魔させて頂きました。
中元さんは、以前に住まわれていた家を解放されていて、読書会をはじめ、ジャム工房といった地域活動に貢献されています。
ここ↓↓↓が、その家です。
IMG_0727_convert_20140414210135.jpg
裏山の桜も満開です。

入口ではカエルさんのお迎え。思わずホッコリ。
「おじゃましまーす!」
IMG_0719_convert_20140414210259.jpg

家の中はこんな感じ。
今日は子供たちが来るということで、絵本がディスプレイされていました。台所は土間をリフォームされていて、ジャム工房としても活躍中とのこと。ちなみにリフォームは全て自分たちでされたそうです。居間のテーブル、本のディスプレイ棚、台所のシンクの前のタイル、ほんとにステキです。
他にも、数部屋あり、2階も広いひろい!
IMG_0762_convert_20140414211627.jpg
IMG_0763_convert_20140414211656.jpg

お昼までの間、散策がてら梨畑を見せてもらうことになりました。
(歩きます!)
IMG_0734_convert_20140414210501.jpg
IMG_0730_convert_20140414210418.jpg
(あっ!つくしだ。つくしってハーブの仲間なんだって。)
IMG_0737_convert_20140414210550.jpg
(歩きます...)
(...歩きます...)
(......歩きます...)
(.........歩きます...)
(............歩きます...)
(...............歩きます...)
(..................歩きます.....)
IMG_0743_convert_20140414211159.jpg

(...歩きます.....とにかく...歩きます。たっくさん、歩きました。)
つ、ついにとうちゃーく!
IMG_0746_convert_20140414211238.jpg
写真ではわかりづらいのですが、中元梨園は傾斜につくられていました。傾斜だと作業効率が悪く苦労も多いそうです。でも、梨にとっては日照環境が良く美味しく育つそうです。
そうそう、恥ずかしながら梨の花をはじめて観ました。図鑑でも見たことなし。はじめてみた梨の花は、桜に似ていました。満開になるとそれはそれは綺麗だそうです。(見たい!なぁ...。)
IMG_0754_convert_20140414211555.jpg

中元さんが梨の受粉についてレクチャーして下さいました。
ナシは他の品種の花粉がないと結実しないそうです。自分だけの花粉では実がならないのですね。びっくりです。そのため、同時期に開花する2種類以上の品種が植わっているそうです。中元梨園では、二十世紀を育ており、花粉採には長十郎だそうです。開花から3日間くらいが受粉のベストタイミングなのでこの時期大忙しだそうです。

梨園脇の小屋の中です。入ると梨の良い香りが広がり鼻孔をくすぐられました。ここは、温室になっていて、長十郎たちを開花させます。湿度も必要でストーブの上のバケツが頑張っています。
IMG_0748_convert_20140414211351.jpg
ほうら、咲いている。咲いている。
IMG_0749_convert_20140414211424.jpg
開花したら花を摘み花粉を採って人工受粉を行うそうです。そして驚くべき話を聞いてしまいました。なんと、受粉用の花粉が中国から輸入されているとのこと。中元梨園の梨は手間暇かけて作られており、梨を語るときの中元さんが本当に愛おしそうなご様子で、ここの梨たちは幸せだなぁなんて思ってしまいました。
IMG_0752_convert_20140414211500.jpg
中央脇の赤いツブツブ見えますか?これが花粉です。
IMG_0747_convert_20140414211318.jpg

梨園の見学も終わり、中元(旧)邸に戻ってのお昼です。
今日のメニューは、焼おにぎり(w/ 中野さんお手製のクルミ味噌 or 醤油麹)、ホットドック、中華風コーンスープ、でした。あまりにもお腹がすいていたため、写真を撮る前に食べてしまいました。
バーベキュー風景から想像してやって下さい。
IMG_0767_convert_20140414211747.jpg


中元ご夫妻、受粉期の大変お忙しい中、本当にありがとうございました。


↓↓↓おまけ-4/6の農園風景です。麦がぐんぐん大きくなっていました。
IMG_0776_convert_20140414211822.jpg

11/4 収穫祭(あきのがっこう)

今回は、大阪生活クラブの野外活動「あきのがっこう」
の最終日に行われた、収穫祭の報告です。


 場所は、京都と奈良と三重の境、京都府相良郡南山城村の童仙房、というところ。
(地図を見てみたら、滋賀県とも隣接していました。)

 「あきのがっこう」は、廃校となった小学校の跡地をお借りして、子供たちと
スタッフの方々20数名での、2泊3日(?)の野外活動だそうです。
 その最終日に、お世話になった方々、地元の方々、などとともに、今年の
収穫を祝う集まりに、私たちも参加させていただいたというわけです。


IMG_0510_convert_20131107090247.jpg
右側にあるのが小学校の校舎です。
運動場で、今日の段取りを聞いて、

午前中は、少しだけ作業。畑で、さつもいも堀り。
地面から、つるの生え際だけが出ている状態になっていて、その付近を
掘ってゆきます。(うまく写っていません。すみません。)
前日からすでに掘られていて、どうやら、私達の体験用に残しておいていただいて
いたようです。
さつまいも堀り

次に、たまねぎの苗植えです。マルチに穴を開けて、苗を植えこんでゆきます。
IMG_0514_convert_20131107090947.jpg

お昼は、小学校に戻って、ご飯(新米)、生卵、納豆、ダイコンの漬物、豚汁、など
を用意してくださっていました。ドラム缶を切った窯に火を焚いて、それに人々が集まって、
なんか、素朴というかワイルドというか、いい感じ。
IMG_0515_convert_20131107105124.jpg
たまごかけごはんと、
たまごかけごはん
野菜たっぷりの豚汁です。
豚汁
さつまいもは、3時のおやつの焼芋用に、子供たちが、洗ってアルミホイルに包んでくれました。
IMG_0516_convert_20131107105439.jpg

食後は、体育館の中で、ものづくりやゲーム。

地元の方々から、しめ縄づくりを教わりました。
(ここのしめ縄、生活クラブに出荷しているそうです。)
IMG_0529_convert_20131107093033.jpg

※私も、このしめ縄づくり、体験しました。すごい知恵ですよね、感動です。
 稲わらから、ひもが出来れば、それを編めば、いろいろなものができるな、
 と思って、家に帰ってから、わらじの編み方などを調べてみました。
 なべ敷きとか、コースターなら実用性もあるんじゃないかな。
 今度、挑戦しようと思っています。

こちらは、竹細工コーナーです。
IMG_0523_convert_20131107092129.jpg

木の実や切り株を使った木工作コーナー。
IMG_0524_convert_20131107092233.jpg
これ、みんな手作りです。
IMG_0526_convert_20131107092738.jpg

これは、子供たちのお店。(お金は、木の葉だったような。。)
IMG_0521_convert_20131107091506.jpg

こっちは、ゲームコーナー。
松ぼっくりなどの玉を、輪に向かって投げる、木の実投げ。
IMG_0522_convert_20131107092025.jpg
結構、むずかしい。
(判定するほうも、むずかしかっただろうな~。)
IMG_0527_convert_20131107092911.jpg

3時のおやつは、焼芋と、焼きりんご。すごくおいしかったです。
IMG_0530_convert_20131107093202.jpg

合間で、近くの森を散策したり、運動場でタイヤに乗ったり、自然いっぱいの一日でした。
一部には、おやつの前に森をさまよう事になった子供たちもいて、いろんな意味で、
しっかりと記憶に刻まれた一日になったと思います。

今度の、伊賀の収穫祭も楽しみです。

8/10 BBQ

 8/10 今回は、星空観察とバーベキューです。

昼過ぎに集まって、おとうさんは竹取り、おかあさんは料理の仕込み。
夕方から、農園の横にシートをひいて、バーベキューを楽しみました。
空は、少々曇っていたものの、夏の大三角形は、明るく輝いていました。

会場の設営です。
IMG_0335_convert_20130816215421.jpg

IMG_0336_convert_20130816215543.jpg

そろそろ、BBQ焼きはじめますか。
IMG_0337_convert_20130816215651.jpg

暗くなってきて、なんかいい感じ。
IMG_0341_convert_20130816215834.jpg

竹のろうそく台(手作り)に、あかりを灯して、さらにいい感じ。
IMG_0538_convert_20130816220012.jpg

花火なんかを楽しみました。
IMG_0551_convert_20130816220159.jpg

IMG_0548_convert_20130816220108.jpg

暑い日が続きますが、みなさんお元気で。
プロフィール

生活農園

Author:生活農園
三宅町の石見駅近くの農園で、子どもたちとともに、定期的に活動をしています。
人間の土台となる「生きる力」を、子供たちの中に育てたい!
その想いで集まった親子が、農業、料理、自然や人と触れ合うさまざまな活動を通して、体験、発見し、感じたことを綴っています。

リンク

記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR