6/14 田植え

6/14 今日は、生活クラブ農園の田植えです。
この季節、あちらこちらで田植えが始まっていて、1~2週間で
あっという間に、ほとんどの田に、苗が植わるんですよね。

image1.jpeg
さあ植えるぞ!
image2.jpeg
紐についた印に合わせて、
後ろに下がりながら植えていきます。
image3.jpeg
あと少し。。
image4.jpeg
終了!! (分かりにくい?)

野菜の苗達も少しずつ成長しています。
こんにゃく芋。
image5.jpeg

さつまいもには、藁を敷きました。
image6.jpeg

こちらは、ピーナッツ。
image7.jpeg

とうもろこしも育っています。(ちょっと密だったかな?)
image8.jpeg

お昼は、半夏生餅としょうゆ豆。
image9.jpeg

半夏生餅(バター餅と小麦餅)
…ほんのり甘くて小麦が香ばしくて子供達も大喜びで食べていました。

しょうゆ豆
…そら豆を煎って醤油味で炊いたもの。香川県の郷土料理だそうです。
屋台の焼きとうもろこしみたいな香ばしい醤油の味と香りで、箸が止まらなくなりました。

田植えも終わり、畑の野菜も根付いて
また農園らしくなってきました。

スポンサーサイト

6/7 麦の脱穀

6/7 今日は、センターで麦の脱穀です。

畑でこのように実をつけていた麦(小麦)
IMG_0731_convert_20140609141239.jpg

刈り取って、乾燥させた後に、
IMG_0738_convert_20140609141431.jpg

足こぎの脱穀機にかけてゆくと、
IMG_0739_convert_20140609141609.jpg

下に、ぱらぱらと実が落ちてゆきます。
IMG_0741_convert_20140609141644.jpg

取りきれなかった実は、人力(マンパワー、子供パワー)で、
足で踏んだり、
IMG_0743_convert_20140609141725.jpg
叩いたりして、落としてゆきました。
IMG_0748_convert_20140609141824.jpg

落とした実を集めたら、実を選別してゆきます。
これは、唐箕(とうみ)という機械。
上部は漏斗(じょうご)のようになっており、少しずつ穀物が落下してゆきます。
そこに、手前のハンドルを回すことで、横から風が吹き付けられて、
藁屑や実のない籾などの軽いものを吹き飛ばし実の詰まった重い穀粒だけを落とす
といったしくみです。
IMG_0752_convert_20140609141926.jpg

その後、さらに何度もふるいにかけて、実を選別してゆきました。
IMG_0755_convert_20140609142032.jpg

こんな感じで、小麦が収穫できました。(約30Kg)
当麻の道の駅で、小麦粉に挽いてもらえるそうです。
IMG_0749_convert_20140609142005.jpg

昼食は、そばめし。
やきそばに、持ち寄ったごはんをまぶせて、ボリュームたっぷり。
みんなで、ばくばく、いただきました。 
(ソースだけでなくしょうゆでも味付けされているとのこと。さっぱりした味でした。)
IMG_0756_convert_20140609142124.jpg

IMG_0757_convert_20140609142211.jpg

今年の小麦は、種まきの時点から、ちょっと密すぎた、と言われていました。
その結果、茎が全体的に細めで、刈り取り前に倒れているものも結構ありました。
今度は、もっとまばらに蒔いてみよう。そのほうが、収量もアップするのかもしれません。
いずれにせよ、みなさん、ごくろうさまでした。


プロフィール

生活農園

Author:生活農園
三宅町の石見駅近くの農園で、子どもたちとともに、定期的に活動をしています。
人間の土台となる「生きる力」を、子供たちの中に育てたい!
その想いで集まった親子が、農業、料理、自然や人と触れ合うさまざまな活動を通して、体験、発見し、感じたことを綴っています。

リンク

記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR